上一页

ⓘ 上野千鶴子




上野千鶴子
                                     

ⓘ 上野千鶴子

English version: Ueno Chizuko

上野千鶴子 (1948年7月12日 - ),日本社會學家。出生於富山縣中新川郡上市町,在京都大學社會學科畢業。上野是日本著名研究女性解放理論的女性主義者,在1980年代的日本學術界打出名堂,與淺田彰、今村仁司、栗本慎一郎、岸田秀等學者齊名。同時亦任東京大學社會學教授。

                                     

1. 思想

上野吸收建構主義社會學、文化人類學、符號學的批判方法,對「馬克思女性主義」加以反省,並對日本固有傳統及社會條件對婦女造成的不平等加以批判:例如在家務方面「日本傳統女性……必須承擔起家中所有雜事的負擔,也會失去所有的空閒時間。」至於照顧者的角色方面,日本女性不只得照顧自己的父母的雙親,也要照顧婆家的雙親,若兼要撫養小孩,丈夫卻因大部份日本公司都要求長時數工作,她的觀察是「別指望另一半會幫什麼忙。」

除了家庭的層面,上野亦在近代家庭的形成和終結一書中追溯了日本的忠孝觀念,並分析自明治維新始,統治者運用儒家文化,把父系家庭的孝道倫理,結合了對天皇的效忠,在法律及教育建制層向全國散布,她指其實當時日本只有武士家庭具有完整的父系家庭,大部分家庭都有母系繼承等非正統父系傳統,故此對大部份平民來說,忠孝根本不能兩全。

上野的另一本著作賦國家主義以社會性別自1998年由日本青土社出版後,引起了社會的強烈反響,三四年間就重印了十次。該書的第一部分" 國民國家與社會性別”剖析了戰時由國家引導的大眾動員和女性政策、女性國民化的過程,分析日本當代女性史家在日本女性史轉型的過程中,對於近代史上的女性主義理念、戰爭責任的問題發生了怎樣的變化。第二部分探討慰安婦問題,把慰安婦問題看做" 我們正在繼續袒護的犯罪”。第三部分" 記憶的政治學”論述了其貫穿全書的一個主題:" 女性主義能否超越國家主義?”她堅信女性主義應該超越國境。

上野教授與華語學界亦有交流,1993年5月台灣作家李昂應東京大學文學部的邀請演講,與上野千鶴子教授作了一次對談,後來李昂又在雜誌世界上第二次與上野教授對談,2004年中國期刊读书第8期中「" 主義”與性別」一文亦記錄了李小江與上野就中日兩國的女性問題及女性研究等話題進行的對話。

上野的著述豐富,有裙子底下的劇場、性感女孩大研究、近代家庭的形成和終結、女人的快樂、尋找自己的遊戲、女人遊戲、資本制與家父長制、高齡化社會:四十歲開始探討老年、上野千鶴子対談集、賦國家主義以社會性別及與小倉千加子合著女性主義等。

                                     

2.1. 著作 単著

  • 『女は世界を救えるか』(勁草書房、1986年)
  • 『差異の政治学』(岩波書店、2002年)
  • 『近代家族の成立と終焉』(岩波書店、1994年)
  • 『国境お構いなし』(朝日新聞社、2003年/文庫、2007年)
  • 『うわの空 ― ドイツその日暮らし』(朝日新聞社、1992年)のち文庫 
  • Nationalism and Gender Melbourne: Trans Pacific Press, 2004
  • 『老いる準備 ― 介護することされること』(学陽書房 2005年/朝日文庫、2008年)
  • 『女遊び』(学陽書房、1988年)
  • 『 探しゲーム ― 欲望私民社会論』(筑摩書房、1987年)のち文庫 
  • 『上野千鶴子が文学を社会学する』(朝日新聞社、2000年)のち文庫 
  • 『発情装置 ― エロスのシナリオ』(筑摩書房、1998年)
  • 『構造主義の冒険』(勁草書房、1985年)
  • 『資本制と家事労働 ―馬克思主義フェミニズムの問題構制』(海鳴社、1985年)
  • 『女ぎらい』(紀伊国屋書店、2010年,台譯:厭女) 
  • 『ひとりの午後に』(日本放送出版協会、2010年) 
  • 『生き延びるための思想 ― ジェンダー平等の罠』(岩波書店 2006年)
  • 『ラディカルに語れば… ― 上野千鶴子対談集』(平凡社、2001年)
  • The Modern Family in Japan Melbourne: Trans Pacific Press, 2009 
  • 『ミッドナイト・コール』(朝日新聞社、1990年)のち文庫 
  • 『家族を容れるハコ 家族を超えるハコ』(平凡社、2002年)
  • 『女という快楽』(勁草書房、1986)
  • 『性愛論 ― 対話篇』(河出書房新社、1991年)のち文庫 
  • 『男おひとりさま道』(法研、2009年)
  • 『セクシィ・ギャルの大研究―女の読み方・読まれ方・読ませ方』 (光文社カッパ・ブックス、1982年/[岩波現代文庫]、2009年)
  • 『ナショナリズムとジェンダー』(青土社、1998年)
  • 『接近遭遇 ― 上野千鶴子対談集』(勁草書房、1988年)
  • 『家父長制と資本制 ― マルクス主義フェミニズムの地平』(岩波書店、1990年/岩波現代文庫、2009年)
  • 『セゾンの発想 ― マ-ケットへの訴求』(リブロポート、1991年)
  • 『おひとりさまの老後』(法研、2007年)
  • 『サヨナラ、学校化社会』(太郎次郎社、2002年/ちくま文庫、2008年)
  • 『受母親溺愛的男孩末路 ―女と男の未来』(河合ブックレット、1986年)
  • 『スカートの下の劇場 ― ひとはどうしてパンティにこだわるのか』(河出書房新社、1989年)のち文庫
                                     

2.2. 著作 共著

  • (中村雄二郎)『「人間」を超えて――移動と着地』(河出書房新社、1994年)
  • (NHK取材班)『90年代のアダムとイヴ』(日本放送出版協会、1991年)
  • (宮迫千鶴)『多型倒錯 つるつる対談』(創元社、1985年)
  • (本間正明)『NPOの可能性――新しい市民活動』(かもがわ出版、1998年)
  • (小倉千加子・富岡多恵子)『男流文学論』(筑摩書房、1992年)
  • (伊藤比呂美)『のろとさにわ』(平凡社、1991年)
  • (中村雄二郎)『21世紀へのキーワード インターネット哲学アゴラ――日本社会』(岩波書店、1999年)
  • (田中美由紀・前みち子)『ドイツの見えない壁――女が問い直す統一』(岩波書店[岩波新書]、1993年)
  • (川村湊・成田龍一・奥泉光・イ・ヨンスク・井上ひさし・高橋源一郎)『戦争はどのように語られてきたか』(朝日新聞社、1999年)
  • (高田公理・野田正彰・奥野卓司・井上章一)『現代世相探検学』(朝日新聞社、1987年)
  • (網野善彦・宮田登)『日本王権論』(春秋社、1988年)
改題『戦争文学を読む』(朝日文庫、2008年)
  • (三浦展)『消費社会から格差社会へ――中流団塊と下流ジュニアの未来』(河出書房新社、2007年)
  • (趙韓惠浄)『ことばは届くか――韓日フェミニスト往復書簡』(岩波書店、2004年)
  • (行岡良治)『論争・アンペイドワークをめぐって』(太田出版、2003年)
  • (小倉千加子)『ザ・フェミニズム』(筑摩書房、2002年/ちくま文庫、2005年)
  • (古市憲寿)『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください』(光文社新書、2011年)
  • (辻元清美)『世代間連帯』(岩波新書、2009年)
  • (信田さよ子)『結婚帝国女の岐れ道』(講談社、2004年)
  • (辛淑玉)『ジェンダー・フリーは止まらない!――フェミ・バッシングを超えて』(松香堂書店、2002年)
  • (鶴見俊輔・小熊英二)『戦争が遺したもの――鶴見俊輔に戦後世代が聞く』(新曜社、2004年)
  • (坂東眞理子)『女は後半からがおもしろい』(潮出版社、2011年)
  • (中西正司)『当事者主権』(岩波新書、2003年)
  • (辻井喬)『ポスト消費社会のゆくえ』(文春新書、2008年)


                                     

2.3. 著作 編著

  • 『脱アイデンティティ』(勁草書房、2005年)
  • 『主婦論争を読む――全記録(1・2)』(勁草書房、1982年)
  • 『「女縁」を生きた女たち』(岩波書店[岩波現代文庫]、2008年)
  • 『色と欲』(小学館、1996年)
  • 『構築主義とは何か』(勁草書房、2001年)
  • 『キャンパス性差別事情――ストップ・ザ・アカハラ』(三省堂、1997年)
                                     

2.4. 著作 共編著

  • (井上輝子・江原由美子)『日本のフェミニズム(全8巻)』(岩波書店、1994年-1995年)
  • (見田宗介・内田隆三・佐藤健二・吉見俊哉・大澤真幸)『社会学文献事典』(弘文堂、1998年)
  • (井上俊・見田宗介・大澤真幸・吉見俊哉)『岩波講座現代社会学(全27巻)』(岩波書店、1995年-1997年)
  • (メディアの中の性差別を考える会)『きっと変えられる性差別語――私たちのガイドライン』(三省堂、1996年)
  • (電通ネットワーク研究会)『「女縁」が世の中を変える――脱専業主婦のネットワーキング』(日本経済新聞社、1988年)
  • (鶴見俊輔・中井久夫・中村達也・宮田登・山田太一)『シリーズ変貌する家族(全8巻)』(岩波書店、1991年-1992年)
  • (樺山紘一)『21世紀の高齢者文化』(第一法規出版、1993年)
  • (河合隼雄)『現代日本文化論(8)欲望と消費』(岩波書店、1997年)
  • (井上輝子・江原由美子・大沢真理・加納実紀代)『岩波女性学事典』(岩波書店、2002年)
  • (寺町みどり・ごとう尚子)『市民派政治を実現するための本――わたしのことは、わたしが決める』(コモンズ、2004年)
  • (田端泰子・服藤早苗)『シリーズ比較家族(8)ジェンダーと女性』(早稲田大学出版部、1997年)
  • (大熊由紀子・大沢真理・神野直彦・副田義也)『ケア――その思想と実践(全6巻)』(岩波書店、2008年)
  • (綿貫礼子)『リプロダクティブ・ヘルスと環境――共に生きる世界へ』(工作舎、1996年)
  • (岩崎稔・成田龍一)『戦後思想の名著50』(平凡社, 2006年)
  • (岩崎稔・北田暁大・小森陽一・成田龍一)『戦後日本スタディーズ(全3巻)』(紀伊國屋書店、2008年-2009年)
                                     

2.5. 著作 翻譯

  • バベット・コール 『シンデレ王子の物語』 (ウイメンズブックストア松香堂、1995年)
  • バーバラ・シンクレア『アメリカ女性学入門』(勁草書房、1982年)
  • A・クーン, A・ウォルプ編『マルクス主義フェミニズムの挑戦』(勁草書房、1984年)
  • ジェフリー・ウィークス『セクシュアリティ』(河出書房新社、1996年)
  • バベット・コール 『トンデレラ姫物語』 (ウイメンズブックストア松香堂、1995年)
                                     
  • 佐藤葵: 上野 樹里 佐藤かな: 蒼井優 葵的妹妹 雙眼看不見 麻倉今日子: 酒井若菜 大學電影社的成員 自稱秋田美人 久保サユミ: 鈴木亞美 葵在唱片行打工的同事 森川 千 鶴 相田翔 子 智也在聯誼場合認識的人 佐藤安二朗: 小日向文世 葵的父親 佐藤ともえ: 田島令 子 葵的母親
  • 最佳男主角提名 最佳女主角提名 恒夫 つねお - 妻夫木聰 猶瑟 くみ 子 - 池脇 千 鶴 小時候的猶瑟 - 菅野莉央 香苗 かなえ - 上野 樹里 幸治 こうじ - 新井浩文 紀琳香 のりこ - 江口紀琳香 猶瑟的祖母 - 新屋英 子 隆司 りゅうじ - 藤澤大悟 少女蕗 - 森本更紗 麻將店老闆 - 陰山泰
  • 片头曲 予感 作詞 - 磯谷佳江 作曲 - 鶴 由雄 歌 - 吉岡亜衣加 片尾曲 水彩グラデーション 作詞 - 磯谷佳江 作曲 - 鶴 由雄 歌 - 吉岡亜衣加 裏語 薄桜鬼 暁の調べ 片头曲 蒼き隼が如く 作詞 - 森由里子 作曲 - 上野 義雄 編曲 - 長田直之 歌
  • 人でなしの恋 1995年    門野京 子  役 美味關係 1996年    栗田ゆう 子  役 海上花 1998年 上班族金太郎 1999年 地雷を踏んだらサヨウナラ 1999年 催眠 1999年 感染 2004年    中園雪乃 役 卒業写真 映画 2007年     上野 由紀 子  役 チェスト 映画 2008年   -  八代雪子 役
  • 子 政男領有2萬石 1634年 寬永11年 政長逝世 政長遺言由政晴繼承2萬石領地 泉藩因此建立 1702年 內藤政森移封至 上野 國安中藩 由板倉重同承襲 重同之 子 板倉勝清在1746年 延享3年 改封至遠江國相良藩 並由本多忠如入替 第二代藩主本多忠籌實行藩政改革 獲幕府信任 獲得武藏及 上野
  • 上的名稱 與正式路線名不同 站名若有不同則以 顯示站名 與貨物線有關參見 東北貨物線 日语 東北貨物線 駅一覧 與 品 鶴 線 大宮 大船途經東京的停車站列表參見 上野 東京線 池袋 赤羽於車費計算上視作途經赤羽線 埼京線 實際距離為途經上中里9.5公里 埼京線於池袋 大崎的路段與湘南新宿線共用軌道
  • 小林節 憲法学者 樋口陽一 憲法学者 廣渡清吾 比較法学者 岡野八代 政治学者 白井聰 政治学者 山口二郎 政治学者 間宮陽介 経済学者 上野 千鶴子 社会学者 大澤真理 社会学者 佐藤学 教育学者 茂木健一郎 大腦醫學家 前民主党 菅直人元首相 枝野幸男幹事長 細野豪志政調会長 後藤祐一
  • 德川家康 中尾彬 日语 中尾彬 雲兵衛 筧利夫 日语 筧利夫 北政所 岩下志麻 淀君 田中伸 子 日语 田中伸 子 豐臣 鶴 松 武部まりん 老女楠 馬渕晴 子 日语 馬渕晴 子 石田三成 花柳錦之輔 日语 花柳寿楽 3代目 上野 弥兵衛 若松武史 日语 若松武史 前田利家 橫山孝信 日语 横山あきお 宇喜多秀家 櫻木誠 日语 桜木誠
  • 浮雲太夫 新珠三 千 代 水茶屋的女人 阿文 池内淳 子 吉右衛門妹 阿輕 團令 子 半兵衛女房 阿時 淡路惠 子 上野 介室 富 子 澤村貞 子 大石妻 りく 原節子 戸田之局 草笛光子 菊里 久我美 子 御湯番 おきよ 北川町 子 吉良的間者 うめ 白川由美 瑤泉院侍女 みゆき 藤山陽 子 久兵衛女房 おとみ 一の宮あつ 子 居酒屋之女 啊玉 中島そのみ
  • 日本 的地方支分部局 轄區包含南關東的東京都 千 葉縣 神奈川縣 山梨縣等四都縣 麴町稅務署 神田稅務署 日本橋稅務署 京橋稅務署 芝稅務署 麻布稅務署 品川稅務署 四谷稅務署 新宿稅務署 小石川稅務署 本鄉稅務署 東京 上野 稅務署 淺草稅務署 本所稅務署 向島稅務署 江東西稅務署 江東東稅務署

用户还搜索了:

...
...
...