上一页

ⓘ 乃南朝




                                     

ⓘ 乃南朝

乃南亞沙 (日語:乃南アサ,1960年8月19日 - ),本名 矢沢朝子 ,是一名日本著名推理小說作家。乃南亞沙曾入读早稻田大学社会科学部但肄業,後來於廣告公司上班。1988年以获得首屆日本推理懸疑大獎的優秀獎而登上推理文壇。1996年以女刑警音道贵子为主角的系列首篇作品更获得了第115屆直木獎。2011年,她又以從獲得中央公論文藝獎。

                                     

1.1. 著作 女刑事・音道貴子系列

  • 風の墓碑銘(エピタフ)(2006年8月 新潮社 / 2009年1月 新潮文庫)
  • 鎖(2000年10月 新潮社 / 2003年12月 新潮文庫【上・下】)
  • 凍牙(1996年4月 新潮社 / 2000年2月 新潮文庫 / 2007年11月 新潮社【新装版】)
  • 未練(2001年8月 新潮社 / 2005年2月 新潮文庫) - 連作短編集
  • 花散る頃の殺人(1999年1月 新潮社 / 2001年8月 新潮文庫) - 連作短編集
  • 嗤う闇(2004年3月 新潮社 / 2006年11月 新潮文庫) - 連作短編集
                                     

1.2. 著作 新米警官・高木聖大系列(仮)

下記の「芭子&綾香系列」にも登場する。

  • ボクの町(1998年9月 毎日新聞社 / 2001年12月 新潮文庫)
  • 駆け込み交番(2005年3月 新潮社 / 2007年9月 新潮文庫) - 連作短編集
                                     

1.3. 著作 芭子&綾香系列

  • いつか陽のあたる場所で(2007年8月 新潮社 / 2010年2月 新潮文庫) - 連作短編集
  • いちばん長い夜(2013年1月 新潮社)
  • すれ違う背中を(2010年4月 新潮社 / 2012年11月 新潮文庫)
                                     

1.4. 著作 刑事・土門功太郎系列

  • 自白 刑事・土門功太郎(2010年3月 文藝春秋 / 2013年2月 文春文庫) - 連作短編集
                                     

1.5. 著作 長編

  • 幸福な朝食(1988年11月 新潮社 / 1996年10月 新潮文庫)
  • パソコン通信殺人事件(1990年8月 講談社ノベルス)
  • 【改題・大幅加筆修正】ライン(1997年11月 講談社文庫)
  • 6月19日の花嫁(1991年2月 新潮社 / 1997年2月 新潮文庫)
  • 死んでも忘れない(1995年11月 ケイブンシャノベルス / 1999年2月 新潮文庫)
  • 風紋(1994年10月 双葉社 / 1996年9月 双葉文庫【上・下】)
  • 微笑がえし(1991年8月 ベストセラーズ / 1996年9月 祥伝社文庫)
  • 今夜もベルが鳴る(1990年9月 祥伝社文庫)
  • 水の中のふたつの月(1992年9月 角川ノベルス / 1996年9月 角川文庫 / 2003年11月 文春文庫)
  • 暗鬼(1993年12月 角川文庫 / 2001年11月 文春文庫)
  • 【改題】殺意・鬼哭 (2000年5月 双葉文庫) - 「慟哭」と併せて収録
  • 紫蘭の花嫁(1992年2月 光文社カッパノベルス / 1996年9月 光文社文庫 / 2000年11月 文春文庫)
  • 再生の朝(1994年3月 ケイブンシャノベルス / 1998年2月 新潮文庫)
  • 殺意(1996年6月 双葉社)
  • 鍵(1992年1月 講談社ノベルス / 1996年12月 講談社文庫)
  • ヴァンサンカンまでに(1991年11月 ベストセラーズ / 1998年4月 幻冬舎文庫 / 2004年4月 新潮文庫 / 2008年3月 文春文庫)
  • パラダイス・サーティー(1992年11月 実業之日本社 / 1997年6月 幻冬舎文庫【上・下】 / 2003年10月 新潮文庫【上・下】)
  • 5年目の魔女(1992年3月 有楽出版社 / 1997年4月 幻冬舎文庫 / 2005年7月 新潮文庫)
  • 鬼哭(1996年10月 双葉社)
  • 結婚詐欺師(1996年10月 新潮社 / 1999年8月 幻冬舎文庫【上・下】 / 2004年2月 新潮文庫【上・下】)
  • 【改題】殺意・鬼哭 (2000年5月 双葉文庫) - 「殺意」と併せて収録
  • 水曜日の凱歌(2015年7月 新潮社)
  • 火のみち(2004年8月 講談社【上・下】 / 2008年9月 講談社文庫【上・下】)
  • 晩鐘(2003年5月 双葉社【上・下】 / 2005年5月 双葉文庫【上・下】) - 「風紋」の続編
  • 窓(1996年12月 講談社 / 1999年7月 講談社文庫) - 「鍵」の続編
  • ウツボカズラの夢(2008年3月 双葉社 / 2011年6月 双葉文庫)
  • 地のはてから(2010年11月 講談社【上・下】) - 「ニサッタ、ニサッタ」の主人公の祖母の物語
  • 涙(2000年12月 幻冬舎 / 2003年2月 新潮文庫【上・下】)
  • しゃぼん玉(2004年11月 朝日新聞出版 / 2008年2月 新潮文庫)
  • あなた(2003年2月 新潮社 / 2006年2月 新潮文庫【上・下】)
  • ニサッタ、ニサッタ(2009年10月 講談社 / 2012年10月 講談社文庫【上・下】)
  • ピリオド(1999年5月 双葉社 / 2002年5月 双葉文庫)


                                     

1.6. 著作 短編集

  • 収録作品:トゥインクル・ボーイ / 三つ編み / さくら橋 / 捨てネコ / 坂の上の家 / 青空 / 泡
  • トゥインクル・ボーイ(1992年1月 実業之日本社 / 1997年9月 新潮文庫)
  • 収録作品:魅惑の輝き / 彫刻する人 / 忘れ物 / デジ・ボウイ / 家族趣味
  • 家族趣味(1993年9月 広済堂出版 / 1997年5月 新潮文庫 / 2014年10月 廣済堂文庫)
  • 団欒(1994年1月 新潮社 / 1998年8月 新潮文庫)
  • 収録作品:ママは何でも知っている / ルール / 僕のトんちゃん / 出前家族 / 団欒
  • 幸せになりたい(1996年9月 祥伝社 / 1999年2月 祥伝社文庫)
  • 収録作品:キャンドル・サービス / 背中 / お引っ越し / たのしいわが家 / 口封じ / 挨拶状 / 二人の思い出
  • 収録作品:青い手 / 鈍色の春 / 氷雨心中 / こころとかして / 泥眼 / おし津提灯
  • 氷雨心中(1996年11月 幻冬舎 / 1999年11月 幻冬舎文庫 / 2004年6月 新潮文庫)
  • 収録作品:はなの便り / はびこる思い出 / ハイビスカスの森 / 水虎 / 秋旱 / 悪魔の羽根 / 指定席
  • 悪魔の羽根(1997年2月 幻冬舎 / 2000年4月 幻冬舎文庫 / 2004年11月 新潮文庫)
  • 来なけりゃいいのに(1997年9月 祥伝社 / 2000年6月 祥伝社文庫)
  • 収録作品:熱帯魚 / 最後のしずく / 夢 / ばら色マニュアル / 降りそうで降らなかった水曜日のこと / 来なけりゃいいのに / 春愁
  • 収録作品:薬缶 / 寝言 / 向日葵 / 愛情弁当 / 今夜も笑ってる / 他人の背広 / 留守番電話 / 脱出 / 最後の花束 / 花盗人
  • 花盗人(1998年4月 新潮文庫)
  • 【改題】冷たい誘惑(2001年4月 文春文庫)
  • 収録作品:母の秘密 / 野良猫 / なかないで / 塵箒 / 置きみやげ
  • 引金の履歴(1998年4月 文藝春秋) - 連作短編集
  • 収録作品:4℃の恋 / 祝辞 / 青い夜の底で / 髪 / 枕香 / 夜離れ
  • 夜離れ(1998年5月 実業之日本社 / 2001年8月 幻冬舎文庫 / 2005年4月 新潮文庫)
  • 収録作品:かくし味 / 夜明け前の道 / 夕立 / 福の神 / 不発弾 / 幽霊
  • 不発弾(1998年11月 講談社 / 2002年1月 講談社文庫)
  • 躯 (からだ) (1999年9月 文藝春秋 / 2002年11月 文春文庫)
  • 収録作品:臍 / 血流 / つむじ / 尻 / 顎
  • 収録作品:姑の写真(秋田・男鹿) / 一粒の真珠(熊本・天草) / 微笑む女(北海道・斜里町) / 最後の嘘(大阪・富田林) / 青年のお礼(新潟・佐渡) / 母の家出(山梨・上九一色村) / 湯飲み茶碗(岡山・備前) / 姉と妹(福島・三春) / Eメール(山口・柳井) / 越前海岸(福井・備前町) / 泣き虫(三重・熊野) / 春の香り(高知・高知市)
  • 行きつ戻りつ(2000年5月 文化出版局 / 2002年12月 新潮文庫)
  • 禁猟区(2010年9月 新潮社) - 連作短編集
  • 収録作品:禁猟区 / 免疫力 / 秋霖 / 見つめないで


                                     

1.7. 著作 小説以外

  • 地球の穴場―仙人の村から飛行船まで(2012年7月 文藝春秋)
  • ダメージ そこからはじまるもの(1999年12月 青春出版社 / 2002年8月 新潮文庫)
  • ドラマチックチルドレン【ノンフィクション】(1996年7月 読売新聞社 / 1999年5月 新潮文庫)
  • 美麗島紀行(2015年11月 集英社)
  • ビジュアル年表 台湾統治五十年(2016年6月 講談社)
  • ミャンマー 失われるアジアのふるさと【エッセイ】(2008年6月 文藝春秋) - 写真・坂斎清
  • チカラビトの国(2001年6月 毎日新聞社 / 2003年10月 新潮文庫 / 2010年8月 文春文庫)
  • いのちの王国【エッセイ】(2007年12月 毎日新聞社 / 2011年3月 文春文庫)
  • 二十四時間【エッセイ】(2004年9月 新潮社 / 2007年4月 新潮文庫)
  • 好きだけど嫌い【エッセイ】(2000年4月 幻冬舎 / 2003年5月 新潮文庫)
  • 犯意 その罪の読み取り方(2008年8月 新潮社 / 2011年2月 新潮文庫) - 解説・園田寿
  • 女のとなり【エッセイ】(2003年9月 祥伝社 / 2006年9月 祥伝社文庫)
                                     

1.8. 著作 選集

「」内が収録されている乃南アサの作品タイトル

  • 【改題・再編集】完全犯罪はお静かに(1995年5月 講談社文庫)「泡」
  • 推理小説代表作選集―推理小説年鑑〈1991〉(1991年5月 講談社)
  • あの人の殺意(1995年11月 講談社文庫)「最後の花束」
  • 推理小説代表作選集―推理小説年鑑〈1993〉(1993年6月 講談社)
  • 【改題・再編集】 死導者がいっぱい(1996年11月 講談社文庫)「他人の背広」
  • 万華鏡(1996年9月 祥伝社文庫)「夢」
  • 日本の名随筆(別巻67)子供(1996年9月 作品社)「背表紙を眺める」
  • 【改題・再編集】秘密の手紙箱(1999年12月 光文社文庫)「津軽に舞い翔んだ女」
  • 白のミステリー(1997年12月 光文社)
  • female(2004年12月 新潮文庫)「僕が受験に成功したわけ」
  • 花迷宮(2000年7月 日文文庫)「二人の思い出」
  • 紫迷宮(2002年12月 祥伝社文庫)「山背吹く」
  • ああ、恥ずかし(2003年9月 新潮文庫)「また、やっちゃった・・・」
  • 最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。(2011年12月 新潮文庫)「それは秘密の」
  • 恋物語(1998年12月 朝日新聞社)「早朝の散歩」「内緒」「三年目」「ピンポン」
  • ミステリー傑作選・特別編〈5〉自選ショート・ミステリー(2001年7月 講談社文庫)「今夜も笑ってる」
  • 七つの危険な真実(2004年1月 新潮文庫)「福の神」
  • 舌づけ(1998年7月 祥伝社文庫)「口封じ」
  • 蒼迷宮(2002年3月 祥伝社文庫)「泥眼」
  • 妖美(1999年3月 徳間文庫)「泡」
  • 翠迷宮(2003年6月 祥伝社文庫)「指定席」
  • 第二の青春―50歳からの人生を10倍たのしむヒント(2001年9月 講談社)「今生最後のお祭り騒ぎ」
  • 七つの怖い扉(1998年10月 新潮社 / 2002年1月 新潮文庫)「夕がすみ」
  • 最高の贈り物―’98年版ベスト・エッセイ集(1998年7月 文藝春秋 / 2001年8月 文春文庫)「揺れる鮟鱇」
  • 最後の恋 つまり、自分史上最高の恋。(2005年12月 新潮社 / 2008年12月 新潮文庫)「キープ」
  • 作家の放課後(2012年2月 新潮文庫)「おっとっと」
  • 鼓動―警察小説競作(2006年1月 新潮文庫)「とどろきセブン」
  • 恋愛小説(2005年1月 新潮社)「アンバランス」
  • ときめき―恋愛ミステリー館〈1〉(2004年12月 廣済堂文庫)「つむじ」
  • 私は殺される(2001年3月 ハルキ文庫)「枕香」
  • 作家と猫のものがたり(2010年9月 新潮社)「チャンス」
  • ああ、腹立つ(2004年9月 新潮文庫)「電話しないでっ!」
                                     
  • 范昂 南阳順陽 今河南省淅川县李官桥镇 人 順陽范氏第六代 年輕時去世 其父范泰 乃 東晉末及 南朝 宋官員 有四弟均 乃 南朝 宋官員 有范暠為宜都太守 范晏為侍中 光祿大夫 范曄為太子詹事及著有史學著作 後漢書 及范廣淵為撫軍咨議參軍 記室 順陽范氏 维基文库中相关的原始文献 宋書 卷60
  • 范暠 南阳順陽 今河南省淅川县李官桥镇 人 順陽范氏第六代 南朝 宋其間曾任宜都太守 在任其間一直照顧其嫡母 著有 論語別義 共十卷 其父范泰 乃 東晉末及 南朝 宋官員 有一兄三弟 其兄范昂年輕時去世 三弟均 乃 南朝 宋官員 范晏為侍中 光祿大夫 范曄為太子詹事及著有史學著作 後漢書 及范廣淵為撫軍
  • 南朝 太尉 司徒 司空列表 - 北朝太尉 司徒 司空列表 南朝 相國 丞相列表 南朝 太宰 太傅 太保列表 南北朝大司馬 大將軍列表 南朝 太常 太常卿列表 南朝 宗正卿列表 南朝 大司農 司農卿列表 南朝 太府卿列表 南朝 少府 少府卿列表 南朝 太僕卿列表 南朝 衛尉 衛尉卿列表 南朝 廷尉 廷尉卿列表 南朝 將作大匠 大匠卿列表
  • 范藹 425年 445年 南阳順陽 今河南省淅川县李官桥镇 人 順陽范氏第七代 其父范曄在 南朝 宋其間曾任太子詹事及著有史學著作 後漢書 另有兩兄弟 范遙 范叔蔞 其妻王氏 乃 南朝 宋武帝劉裕的二女兒劉榮男之女 並育有一子范魯連 范藹年幼時喜愛整潔 衣服可以整年也不沾一點灰塵 二十歲時因其父范曄謀反的罪名被滿門抄斬
  • 范魯連 南阳順陽 今河南省淅川县李官桥镇 人 順陽范氏第八代 其祖父范曄在 南朝 宋其間曾任太子詹事及著有史學著作 後漢書 其父范藹 其母王氏 乃 南朝 宋武帝劉裕的二女兒劉榮男之女 在其父范藹二十歲時 其祖父范曄被謀反的罪名得滿門抄斬 但因范魯連為吳興昭公主劉榮男之外孫 所以得以保命 但亦需充軍 直等到世祖劉駿登基才返回
  • 年隋滅陳為止 上承兩晉 五胡十六國 下接隋朝 因為南北长时间对立 所以稱南北朝 南朝 420年 - 589年 包含宋 齐 梁 陈等四朝 北朝 439年 - 581年 包含北魏 东魏 西魏 北齐和北周等五朝 由于军权转移 南朝 皇族主要出身于寒門或庶族 初期經濟逐渐恢复 但由於戰略錯誤與北朝军力強盛 使得疆
  • 乃 宁曲德寺 简称 乃 宁寺 又译 南尼寺 位于西藏自治区日喀则地区康马县南尼乡 是一座藏传佛教格鲁派寺院 中國大陸稱木龍年戰爭中發生在该寺的戰鬥為 乃 宁寺大血战 乃 宁曲德寺位于康马县驻地以北的南尼乡 属于年楚河上游的河谷地带 该寺南距康马县城40公里 北距江孜县城10公里 东临札西达节山 西临年楚河 海拔4100米
  • 豬籠草之夢 日语 ウツボカズラの夢 為 乃 南朝 所著的日本小說 於 小說推理 日语 小説推理 的2006年6月號到2007年9月號中連載 改編自該小說的連續劇自2017年8月5日起在 富士電視台週六連續劇 時段播出 由志田未来主演 純樸少女齊藤未芙由 在母離離世和父親再婚後頓時失去溫暖的家
  • 倭五王是 晋书 宋书 等古代中国 南朝 史书中记载的倭国赞 珍 济 兴 武等五王 据记载 倭五王在413年至478年间 至少有九次遣使 南朝 奉献贡品 王名则按中国习惯称呼 日本后来改用天皇称呼后又有了对应的天皇年号 贊相当于应神或仁德 履中天皇 珍 也称弥 相当于反正或仁德天皇 濟相当于允恭天皇