上一页

ⓘ 奧田英朗




                                     

ⓘ 奧田英朗

奧田英朗 (日语: 奥田 英朗 / おくだ ひでお Okuda Hideo ,1959年10月23日 - ),是一名日本著名推理小說作家,

                                     

1. 生平

奧田英朗出生於日本岐阜縣岐阜市。奧田英朗高中畢業後曾任職雜誌編輯及廣告公司。1997年,奧田英朗發表第一部長篇小說盂蘭盆的森林出道。兩年後發表第二部長篇小說最惡,入選當年這本推理小說真厲害!的第七名,並於2002年入圍吉川英治文學新人獎。2002年,他憑邪魔奪得大藪春彥獎。2004年,憑空中鞦韆獲得直木獎。2007年憑家日和獲得柴田煉三郎獎。2009年,憑オリンピックの身代金獲得吉川英治文學獎。

                                     

2. 獎項

  • 2002年 - 第4回大藪春彦獎(『邪魔』)
  • 2009年 - 第43回吉川英治文学獎(『奧林匹克的贖金』)
  • 2004年 - 第131回直木三十五獎(『空中鞦韆』)
  • 2007年 - 第20回柴田錬三郎獎(『家日和』)
                                     

3.1. 小說 系列

變態怪醫Dr.伊良部系列精神科医・伊良部シリーズ

  • イン・ザ・プール(2002年5月 文藝春秋 / 2006年3月 文春文庫)變態怪醫Dr.伊良部01 持續勃起 2005年8月 尖端)
  • フレンズ(『別冊文藝春秋』2002年1月号〔237号〕)
  • コンパニオン(『オール讀物』2001年11月号)
  • 勃ちっ放し(『オール讀物』2001年8月号)
  • いてもたっても(『オール讀物』2002年3月号)
  • イン・ザ・プール(『オール讀物』2000年8月号)
  • 空中鞦韆(『オール讀物』2003年1月号)
  • 義父のヅラ(『オール讀物』2003年10月号)- 「教授のヅラ」を加筆改題
  • ハリネズミ(『オール讀物』2003年7月号)
  • ホットコーナー(『オール讀物』2003年4月号)
  • 女流作家(『オール讀物』2004年1月号)
  • 空中鞦韆(2004年4月 文藝春秋 / 2008年1月 文春文庫)變態怪醫Dr.伊良部02 尖端恐懼 2005年7月 尖端)
  • 町長選挙(2006年4月 文藝春秋 / 2009年3月 文春文庫)變態怪醫Dr.伊良部03 鎮長選舉 2008年4月 尖端)
  • アンポンマン(『オール讀物』2005年4月号)
  • オーナー(『オール讀物』2005年1月号)
  • カリスマ稼業(『オール讀物』2005年7月号)
  • 町長選挙(『オール讀物』2006年1月号)

平成家庭小說系列(平成の家族小説シリーズ)

  • 妻子與糙米飯(妻と玄米御飯,『小説すばる』2006年12月号)
  • 葡萄柚怪物(グレープフルーツ・モンスター,『小説すばる』2004年9月号)
  • 此處及青山(ここが青山,『小説すばる』2006年10月号)
  • 丈夫與窗簾(夫とカーテン,『小説すばる』2005年7月号)
  • 晴天(サニーデイ,『小説すばる』2005年11月号)
  • 來我家吧(家においでよ,『小説すばる』2006年2月号)
  • 家日和(2007年4月 集英社 / 2010年5月 集英社文庫 / 2010年3月 皇冠)
  • 里帰り(『小説すばる』2010年9月号)
  • 夫とUFO(『小説すばる』2010年11月号)
  • 妻とマラソン(『小説すばる』2011年2月号)
  • 甘い生活?(『小説すばる』2010年2月号)
  • ハズバンド(『小説すばる』2009年11月号)
  • 我が家の問題(2011年7月 集英社 / 2014年6月 集英社文庫)
  • 絵里のエイプリル(『小説すばる』2010年5月号)
  • 手紙に乗せて(『小説すばる』2015年1月号)
  • 妻と選挙(『小説すばる』2015年7月号)
  • 我が家のヒミツ(2015年9月 集英社 / 2018年6月 集英社文庫)
  • 正雄の秋(『小説すばる』2014年11月号)
  • アンナの十二月(『小説すばる』2013年1月号)
  • 虫歯とピアニスト(『小説すばる』2013年5月号)
  • 妊婦と隣人(『小説すばる』2012年11月号)


                                     

3.2. 小說 其他

  • レモン(『小説すばる』2000年7月号)
  • 最惡(最悪,1999年2月 講談社 / 2002年9月 講談社文庫 / 2007年7月 尖端)
  • 彼女のハイヒール(『小説すばる』2001年1月号)
  • 東京物語(東京物語,2001年10月 集英社 / 2004年9月 集英社文庫 / 2010年8月 皇冠)
  • あの日、聴いた歌(『小説すばる』2000年1月号)
  • 邪魔(邪魔,2001年4月 講談社 / 2004年3月 講談社文庫【上・下】 / 2008年1月 尖端)
  • 名古屋オリンピック(『小説すばる』2000年10月号)
  • 春本番(『小説すばる』2000年4月号)
  • バチェラー・パーティー 10-11-89(『小説すばる』2001年6月号)
  • ウランバーナの森(1997年8月 講談社 / 2000年8月 講談社文庫 / 2017年7月 講談社文庫【新装版】)
  • 総務は女房(『小説現代』2002年1月号)
  • ボス(『小説現代』2002年4月号)
  • マドンナ(2002年10月 講談社 / 2005年12月 講談社文庫)
  • マドンナ(『小説現代』2000年11月号)
  • ダンス(『小説現代』2001年10月号)
  • パティオ(『小説現代』2002年7月号)
  • 六宅一生(ララピポ,2005年9月 幻冬舎 / 2008年8月 幻冬舎文庫 / 2007年4月 尖端)- 初出:PR誌『ポンツーン』掲載
  • 粉領族(ガール,2006年1月 講談社 / 2009年1月 講談社文庫 / 2009年12月 尖端)
  • マンション(『小説現代』2003年11月号)
  • ひと回り(『小説現代』2005年8月号)
  • 那一夜,我們黑吃黑(真夜中のマーチ,2003年10月 集英社 / 2006年11月 集英社文庫 / 2009年10月 皇冠)- 初出:『小説すばる』2002年11月号 - 2003年8月号〔全4回連載〕、「真夜中の行進曲」を改題
  • ワーキング・マザー(『小説現代』2005年6月号)
  • ガール(『小説現代』2004年3月号)
  • 一郎二郎上東京大夜逃、一郎二郎下南方大作戰(サウスバウンド,2005年6月 角川書店 / 2007年8月 角川文庫【上・下】 / 2007年3月 麥田)- 初出:『KADOKAWAミステリ』2001年11月号 - 2003年1月号)
  • ヒロくん(『小説現代』2003年8月号)
  • 傳聞中的女人(噂の女,2012年11月 新潮社 / 2015年5月 新潮文庫 / 2014年11月 馬可孛羅)
  • 中古車販売店の女(『yom yom』2009年12月号)
  • 純平、考え直せ(2011年1月 光文社 / 2013年12月 光文社文庫)- 初出:『小説宝石』2009年9月号 - 2010年8月号連載
  • 料理教室の女(『yom yom』2010年12月号)
  • 無理(2009年9月 文藝春秋 / 2012年6月 文春文庫【上・下】) - 初出:『別冊文藝春秋』2006年7月号 - 2009年7月号(264号 - 282号)連載の「ゆめの」を改題
  • 麻雀荘の女(『yom yom』2010年7月号)
  • マンションの女(『yom yom』2011年3月号)
  • 和服の女(『yom yom』2011年12月号)
  • 檀家の女(『小説新潮』2012年3月号)
  • 奧林匹克的贖金(オリンピックの身代金,2008年11月 角川書店 / 2011年9月 角川文庫【上・下】 / 2014年11月 講談社文庫【上・下】 / 2019年10月 春天出版國際)- 初出:『野性時代』2006年7月号 - 2008年10月号連載
  • スカイツリーの女(『小説新潮』2012年7月号)
  • 内偵の女(『小説新潮』2012年5月号)
  • 柳ケ瀬の女(『yom yom』2011年10月号)
  • パチンコの女(『yom yom』2011年7月号)
  • 祭りのあと(『小説宝石』2013年11月号)
  • 逃亡者(『小説宝石』2016年2月号)
  • 小さなスナック(『小説宝石』2015年2月号)
  • 中国からの花嫁(『小説宝石』2014年7月号)
  • 赤い雪(『小説宝石』2015年10月号)
  • 直美與加奈子(ナオミとカナコ,2014年11月 幻冬舎 / 2017年4月 幻冬舎文庫 / 2017年6月 春天出版國際)
  • 沈黙の町で(2013年2月 朝日新聞出版 / 2016年1月 朝日文庫) - 初出:『朝日新聞』2011年5月7日 - 7月12日連載
  • 向田理髪店(『小説宝石』2013年4月号)
  • 向田理髪店(2016年4月 光文社 / 2018年12月 光文社文庫 / 2018年1月 悅知文化)
  • 住み込み可(『野性時代』2012年3月号)
  • おれは社長だ!(『小説現代』2007年12月号)
  • セブンティーン(『聖なる夜に君は』2009年11月25日 角川文庫)
  • 毎度おおきに(『小説現代』2008年12月号)
  • ヴァラエティ(2016年9月 講談社)
  • クロアチアvs日本(『読売新聞』2006年8月20日夕刊)
  • 奥田英朗×山田太一 総ての人が になれるわけではない(『文芸ポスト』2004年 vol.26)
  • ドライブ・イン・サマー(『男たちの長い旅』2004年1月 徳間書店 / 2006年1月 徳間文庫)
  • 夏のアルバム(『あの日、君と Boys』2012年5月18日 集英社)
  • 奥田英朗×イッセー尾形 「笑いの達人」楽屋ばなし(『オール讀物』2006年8月号)
  • 罪の轍(2019年8月 新潮社)
                                     

4. 改編作品

漫畫

  • 變態怪醫Dr.伊良部02 2005年7月 尖端-空中ブランコ
  • 變態怪醫Dr.伊良部03 2007年3月 尖端-町長選挙
  • 變態怪醫Dr.伊良部01 2005年2月 尖端-イン・ザ・プール