上一页

ⓘ 四方田犬彦




                                     

ⓘ 四方田犬彦

English version: Inuhiko Yomota

四方田 犬彦 (よもた いぬひこ,英文名為Inuhiko Yomota,1953年2月20日 - )日本重量級比較文學學者、劇評家、作家。

專攻於比較文學、電影史、漫畫論、符號學。

                                     

1. 個人生平

出生於大阪。東京大學人文學系研究所比較文學比較文化科博士肄業。師從蓮實重彦門下。

本名為四方田 剛己。本名為小林剛己,高中時因為父母離婚而改從母姓為四方田。妻子為專攻台灣日治時代文學研究的學者垂水千惠,著有台灣的日本語文學一書。

原本自號的筆名為「四方田 丈彦」,但一次投稿2001太空漫遊影評時,雜誌社誤植成「四方田 "犬"彦」從此沿用至今。

本名的羅馬拼音表示習慣用「Gorki Yomota」是因為父親崇拜馬克思,而為兒子以高爾基(Gorki)這位俄國的左翼作家命名。

                                     

2. 個人經歴

出生於大阪市天王寺区。1953年至1956年均居住於西宮市今津浜田町,父母均為島根県人,父親為貿易公司員工,外祖父則為律師協會會長四方田保,在大阪府箕面市市中心區(箕面町平尾)擁有一座占地3000坪的豪華宅邸。

1956年,3歲時遷居至箕面市半町的外祖父家,就讀於箕面市立南小学校。 1963年3月、時年10歲,因父親工作關係遷居至東京都世田谷区下馬町的員工宿舍。並於跨區就讀目黒区立五本木小学校。從此迷上出租漫畫『墓場鬼太郎』水木茂作品『忍者武藝帳』白土三平作品。小學高年級時加入了『日本進學教室』升學補習班,順利於1965年4月進入可免試直升高中部的東京教育大學農學部附屬駒場中學校。 1967年趁著升高一前的春假期間,自修完所有高中數學課程。同年七月移居至東京都杉並区下高井戸(現在の杉並区浜田山)。

1968年因為所就讀的東京教育大學農學部附屬駒場中學校簡稱""教駒""校內集結出日本共產黨下層組織民主青年同盟與""教駒全共闘""兩個組織。四方田因此得以近距離接觸並觀察相關活動。也因全共鬪事件而休學至銀座二幸蛋糕店作學徒,後而復學 。當時的經歷均記載於個人著作『高校1968』新潮社,2004年2月26日出版之中。

1971年3月高中畢業後,因未應屆考上大學,至駿台補習班開始了高四生浪人生活。並在此對奥井潔的演講留下深刻印象。1972年3月因父母離婚,從此從母姓為四方田,並舉家遷居至武蔵野市吉祥寺,同年考上東京大学文科III類。與東大宗教学科島田裕巳、渡辺直樹(後の『週刊SPA!』編集長。1991年には四方田と組み、同誌で「カッコいい在日韓国人」の特集を編集)為同屆同學,植島啓司、中沢新一、中原俊則為學長。

在大學時期與平野共余子、沼野充義創辦電影同人誌「シネマグラ」(1977年-),試當時素人影評的始祖。1979年至韓國首爾建國大學擔任日語教師。1980年秋天,從東京大學研究所博士課程休學後到倫敦旅居一段時間。因此偶然結識尚盧‧高達。

截至2009年1月,連同合著的部分,四方田的著作已經達到100本,為了紀念此事,彩流社出版自選文集『濃縮四方田』一書。而2000年另有出版『馬可波羅之書』。

                                     

3. 學歷

  • 1976年 東京大學宗教學科畢業、東京大學人文學系研究所入學,專攻比較文學與文化研究課程。
  • 1965年 目黒區立五本木小學校畢業
  • 1968年 東京教育大學農學部附属駒場中學校國中部畢業
  • 1971年 東京教育大學附属駒場中學校高等學校(今筑波大學附屬駒場中學校高等學校)高中部畢業、同年進入駿河台預備校。
  • 1972年 東京大學教養學部文科三類就讀
  • 1979年 碩士課程學習結束後,繼續於同校就讀博士課程。碩士論文題目為「ジョナサン・ソフィスト」は、スウィフトの「ガリバー旅行記」,後來改寫為『空想旅行の修辞学』一書,由七月堂出版社於1996年出版。
  • 1974年 東京大學文學部宗教史宗教學科就讀
  • 1984年 從東京大學博士課程肄業
                                     

4. 職歴

  • 1992年-1993年東京大學教養學部兼任講師
  • 1981年 日本明治學院大學及東京齒科大學兼任講師
  • 1982年 日本記者學院日本ジャーナリスト専門学校講師(英語)
  • 2012年 明治學院大學退休
  • 1984年 日本東洋大学専任講師(英語)
  • 1990年 日本明治學院大學文學部義數學科副教授
  • 1995年 日本明治學院大學教授
  • 1979-80年 韓國首爾建國大學師範大學日本語講師
  • 1987年 美國哥倫比亞大學東亞學系客座研究員
  • 2000年 韓國中央大學客座教授,同年兼任明治大學言語文化研究所所長
  • 1994年 義大利博洛尼亚大学藝術學部客座研究員
                                     

5. 獎項

  • 2004年 - 『白土三平論』為日本兒童文學學會特別賞
  • 2008年 - 『日本のマラーノ文学』『翻訳と雑神』為第11屆桑原武夫學藝賞。
  • 2002年 - 『首爾の風景--記憶與變化』第50屆日本聖手俱樂部大賞
  • 1993年 - 『月島物語』獲得第1屆斎藤緑雨賞。
  • 1998年 - 『映画史への招待』獲得第20屆「三得利學藝獎」社會‧風俗類別
  • 2014年 - 『路易斯 布紐爾』為第64屆藝術選獎文部科學大臣賞。
  • 2000年 - 『摩洛哥流謫』一書獲得第11回伊藤整文学奖評論類別、第16屆講談社隨筆獎
                                     

6.1. 著作 獨立著作

  • 『映画はもうすぐ百歳になる』(筑摩書房〈水星文庫〉 1986年)
  • 『心ときめかす』(晶文社 1998社)
  • 『映像要理 週刊本』(朝日出版社 1984年)
  • 『日本映画史100年』(集英社新書 2000年)/増補版『日本映画史110年』(同 2014年)
  • 『赤犬本 Papers91~92』(扶桑社 1993年)
  • 『ラブレーの子供たち』(新潮社 2005年)/ 韓文版 / 繁體中文版『天才的餐桌』黑眼睛文化 2017年
  • 『見ることの塩--パレスチナ・ボスニア紀行』(作品社 2005年)
  • 『蒐集行為としての芸術』(現代思潮新社 2010年7月)
  • 『歳月の鉛』(工作舎 2009年)
  • 『漫画原論』(筑摩書房 1994年/ちくま学芸文庫 1999年)
  • 『マルクスの三つの顔』(亜紀書房 2013年7月)
  • 『もうひとりの天使 ノスタルジアと蒐集をめぐる四十八の省察』(河出書房新社 1988年)
  • 『リュミエールの閾 映画への漸進的欲望』(朝日出版社 1980年)
  • 『電影風雲』(白水社 1993年)
  • 『感情教育』(河出書房新社 1988年)
  • 『テロルと映画 スペクタクルとしての暴力』(中公新書 2015年6月)
  • 『ゴダールと女たち』(講談社現代新書 2011年8月)
  • 『映画と表象不可能性』(産業図書 2003年)
  • 『映画のウフフッ』(フィルムアート社 1992年)
  • 『ブルース・リー--李小龍の栄光と孤独』(晶文社 2005年)
  • 『大島渚と日本』(筑摩書房 2010年) 
  • 『ストレンジャー・ザン・ニューヨーク』(朝日新聞社 1989年)/増補版『ニューヨークより不思議』(河出文庫 2015年)
  • 『黄犬本』(扶桑社 1991年)
  • 『狼が来るぞ!』(平凡社 1999年)
  • 『四方田犬彦の引越し人生』(交通新聞社 2008年)
  • 『音楽のアマチュア』(朝日新聞出版 2009年) 
  • 『ハイスクール・ブッキッシュライフ』(講談社 2001年)
  • 『白土三平論』(作品社 2004年/ちくま文庫 2013年)
  • 『日本の書物への感謝』(岩波書店 2008年)繁體中文版『感恩日本書物』黑眼睛文化 2017年
  • 『翻訳と雑神―Dulcinea blanca』(人文書院 2007年)
  • 『怪奇映画天国アジア』(白水社 2009年) 
  • 『オデュッセウスの帰還』(自由国民社 1996年)
  • 『驢馬とスープ-papers2005-2007』(ポプラ社 2007年)
  • 『よみがえる夢野久作 『東京人の堕落時代』を読む』(弦書房 2014年)-ブックレット
  • 『クリティック』(冬樹社 1984年/増補版 冬樹社ライブラリー 1991年)
  • 『日本の女優』(岩波書店 2000年)/改題 『李香蘭と原節子』(岩波現代文庫 2011年)/ 繁體中文版『李香蘭與原節子』黑眼睛文化 2020年
  • 『アジア映画の大衆的想像力』(青土社 2003年)
  • 『文学的記憶』(五柳書院 1993年)
  • 『貴種と転生』(各 新潮社、1987年/増補版『貴種と転生-中上健次』 1996年/ちくま学芸文庫 2001年)
  • 『俺は死ぬまで映画を観るぞ』(現代思潮新社 2010年7月)
  • 『空想旅行の修辞学--「ガリヴァー旅行記」論』(七月堂 1996年)
  • 『越境のレッスン -- 東アジアの現在・五つの対話』(丸善ライブラリー 1992年)
  • 『魯迅 -- めざめて人はどこへ行くか』(ブロンズ新社 1992年)
  • 『日本映画のラディカルな意志』(岩波書店 1999年)
  • 『アジア全方位』(晶文社 2013年10月)
  • 『摩滅の賦』(筑摩書房 2003年)
  • 『われらが「他者」なる韓国』(PARCO出版局 1987年/増補版 平凡社ライブラリー 2000年)
  • 『日本映画と戦後の神話』(岩波書店 2007年)
  • 『ハイスクール1968』(新潮社 2004年/新潮文庫 2008年)
  • 『眼の破裂』(四方田剛己名義、百頭社(自費出版) 1993年)
  • 『書物の灰燼に抗して 比較文学論集』(工作舎 2011年4月)
  • 『子供は悪いのが好き スクリーンの中の幼年時代』(光村図書 2009年)
  • 『叙事詩の権能』(哲学書房 1988年)
  • 『ドルズ・ハウスの映画館』(悠思社 1993年)
  • 『日本の漫画への感謝』(潮出版社 2013年11月)
  • 『モロッコ流滴』(新潮社 2000年/ちくま文庫 2014年)
  • 『映像の招喚 - エッセ・シネマトグラフィック』(青土社 1983年)
  • 『アジアのなかの日本映画』(岩波書店 2001年)
  • 『月島物語』(集英社 1992年/集英社文庫 1999年)/増補版『月島物語、ふたたび』(工作舎、2007年)
  • 『食卓の上の小さな渾沌』(筑摩書房 1987年)
  • 『読むことのアニマ 子供部屋の世界文学』(筑摩書房 1993年)
  • 『アジアの文化は越境する』(弦書房 2011年10月)
  • 『指が月をさすとき、愚者は指を見る 世界の名セリフ50』(ポプラ社 2003年)
  • 『けだものと私』(淡交社 2000年)
  • 『土地の精霊』(筑摩書房 2016年1月)
  • 『人それを映画と呼ぶ』(フィルムアート社 1984年)
  • 『「七人の侍」と現代-黒澤明再考』(岩波新書 2010年)
  • 『パレスチナ・ナウ -戦争/映画/人間』(作品社 2006年)
  • 『人間を守る読書』(文春新書 2007年)
  • 『人、中年に到る』(白水社 2010年10月)
  • 『母の母、その彼方に』(新潮社 2016年2月)
  • 『映画史への招待』(岩波書店 1998年)
  • 『旅の王様』(マガジンハウス 1999年)/ 繁體中文版『旅行之王』遠流 2002年
  • 『わが煉獄』(港の人 2014年)-詩集
  • 『ソウルの風景 -- 記憶と変貌』 (岩波新書 2001年)
  • 『先生とわたし』(新潮社 2007年/新潮文庫 2010年)-師由良君美を描く
  • 『日本のマラーノ文学-Dulicine roja』(人文書院 2007年)
  • 『マルコ・ポーロと書物』(枻出版社 2000年)
  • 『心は転がる石のように--Papers 2003-2004』(ランダムハウス講談社 2004年)
  • 『待つことの悦び』(青玄社 1992年)
  • 『濃縮四方田』(彩流社 2009年)
  • 『封切り日が待ちどおしい』(青土社 1987年)
  • 『女神の移譲 書物漂流記』 (作品社 2010年) 
  • 『最新流行』(青土社 1987年)
  • 『人生の乞食』(書肆山田 2007年) - 詩集
  • 『台湾の歓び』(岩波書店 2015年1月)繁體中文版心悅台灣聯經出版 2016年10月)
  • 『「かわいい」論』(ちくま新書 2006年)/繁體中文版為『可愛力量大』天下文化2007年/簡体中文版為『论可爱』山東人民出版社2011年
  • 『星とともに走る 日誌1979-1997』(七月堂 1999年)
  • 『犬たちの肖像』(集英社 2015年6月)
  • 『ルイス・ブニュエル』(作品社 2013年6月)
  • 『哲学書簡』(哲学書房 1987年)
  • 『回避と拘泥』(立風書房 1994年)
  • 『航海の前の読書』(五柳書院 2004年)
  • 『大好きな韓国』(日本放送出版協会 2002年/増補版 バジリコ 2003年)
  • 『映画はついに百歳になった 人間大学講座』(講座テクスト:日本放送出版協会 1995年)
  • 『ひと皿の記憶 食神、世界をめぐる』(ちくま文庫 2013年5月)


                                     

6.2. 著作 合著

  • (李鳳宇) 『先に抜け、撃つのは俺だ』(アスペクト、1998年)
  • (タイガー立石) 『タイガー立石のデジタル世界』(思索社、1985年)
  • (勅使河原宏、大河内昭爾) 『前衛調書』(学藝書林、1989年)
  • (丹生谷貴志、松浦寿輝、柳瀬尚紀) 『吉田健一頌』   (書肆 風の薔薇、1990年/増補新版 水声社〈風の薔薇叢書〉、2003年) 
  • (平岡正明) 『電撃フランク・チキンズ』(朝日出版社、1985年)
  • 増補改題版 『パッチギ! 対談篇 -- 喧嘩、映画、家族、そして韓国』(朝日選書、2005年)
  • (李鳳宇)『民族でも国家でもなく―北朝鮮・ヘイトスピーチ・映画』(平凡社、2015年)
  • (金光英実) 『ためぐち韓国語』(平凡社新書、2005年)
  • (ロジャー・パルバース)『こんにちは、ユダヤ人です』(河出書房新社〈河出ブックス〉、2014年)
  • (石井睦美)『再会と別離』(新潮社、2011年) 
  • (也斯)『往復書簡 いつも香港を見つめて』(岩波書店、2008年)
  • (倪震)『日中映画論』(作品社、2008年)
  • (草森紳一) 『アトムと寅さん 壮大な夢の正体』(河出書房新社、2005年)
                                     

6.3. 著作 編輯著作

  • 『平岡正明 山口百恵は菩薩である  完全版 』(講談社、2015年6月)
  • 『鈴木清順エッセイ・コレクション』(ちくま文庫 2010年8月)
  • 『思想読本(9) アジア映画』(作品社 2003年)
  • 『女優山口百恵』(ワイズ出版 2006年)
  • 『あんにょん・ソウル 韓国日常雑貨事典』(洋泉社、1986年)
  • 『永久男根 平岡正明-追悼論集』(彩流社 2010年7月)
  • 『アジアの文化は越境する 〈映画・文学・美術〉』(弦書房 2011年11月) 
  • 『吉田喜重の全体像』(作品社 2004年)
  • 『明治の文学 第8巻 泉鏡花』(筑摩書房、2001年)
  • 『ザ・グレーテスト・ヒッツ・オブ・平岡正明』(芳賀書店 2001年)
  • 『映画監督溝口健二』(新曜社, 1999年)
  • 『李香蘭と東アジア』(東京大学出版会 2001年)
                                     

6.4. 著作 共同編輯著作

  • (青木保・姜尚中・小杉泰・坂元ひろ子・莫邦富・山室信一・吉見俊哉)  『アジア新世紀 全8巻』(岩波書店 2002~03年)
  • (柴田元幸・沼野充義・藤井省三)『世界は村上春樹をどう読むか a wild Haruki chase』  (文藝春秋 2006年/文春文庫 2009年)
  • (柄谷行人・浅田彰・渡部直己)『中上健次全集 全15巻』(集英社 1995-96年)
  • (斉藤綾子)『映画女優若尾文子』(みすず書房 2003年、新版2010年)
  • (今福龍太・沼野充義)『世界文学のフロンティア 全6巻』(岩波書店 1996-97年)
  • (大嶺沙和)『沖縄映画論』(作品社 2007年)
  • (平沢剛)『大島渚著作集 第1~4巻』(現代思潮新社 2008年~2009年)
  • (平沢剛)『1968年文化論』(毎日新聞社 2010年9月)
  • (岡本章)『武智鉄二 伝統と前衛』(作品社 2011年) 
  • (平沢剛)『若松孝二反権力の肖像』(作品社 2007年、増補決定版2013年)
  • (斉藤綾子)『男たちの絆、アジア映画 -- ホモソーシャルな欲望』(平凡社 2004年)
  • (鷲谷花)『戦う女たち 日本映画の女性アクション』(作品社 2009年8月)
  • (黒沢清・吉見俊哉・李鳳宇)『日本映画は生きている 全8巻』(岩波書店 2010年7月~2011年1月)
  • (晏女尼)『ポスト満洲映画論-日中映画往還』(人文書院 2010年8月)
  • (堀潤之)『ゴダール・映像・歴史 -- 「映画史」を読む』(産業図書 2001年)
                                     

6.5. 著作 翻譯著作

  • ピーター・ブルックス 『メロドラマ的想像力』(木村慧子共訳、産業図書 2002年)
  • 愛德華 薩伊德Edward Wadie Said『パレスチナへ帰る』(作品社 1999年)
  • 保羅 鮑爾斯Paul Frederic Bowles『蜘蛛の家』(白水社 1995年)
  • 保羅 鮑爾斯Paul Frederic Bowles『優雅な獲物』(新潮社 1989年)
  • 皮耶 保羅 帕索里尼Pier Paolo Pasolini 『パゾリーニ詩集』(みすず書房 2011年)
  • 柯林‧威爾森 Colin Wilson『至高体験 -- 自己実現のための心理学』 (由良君美共訳河出書房新社 1979年/河出文庫 1998年)
  • 馬哈茂德 達爾維什Mahmoud Darwish『壁に描く Le livre de luciole』(書誌山田 2006年)
                                     

7.1. 其他作品 雑誌

  • 『GS 楽しい知識』(1984年~1985年)
  • 『三蔵』(1992年~1994年) - 詩歌の同人誌で四方田は詩を発表。石井辰彦(歌人)、夏石番矢(俳人)と。
  • 『三蔵2』(2002年~) - 小池昌代(詩人)、石井辰彦。
  • 『闇祭』(1977年) - 映画批評同人誌。平野共余子、松浦寿輝、沼野充義、竹下節子、野村正人らと。
  • 『シネマグラ』(1978年~1981年) - 『闇祭』を発展させた映画批評誌。西成彦、如月小春、黒沢清らも参加。
                                     

7.2. 其他作品 電影演出

  • 『幽閉者 テロリスト』(足立正生監督、2007年)
  • 『俗物図鑑』(内藤誠監督、1982年)飾「片眼」
                                     
  • 東洋動畫 電視部員 電視動畫 百獸王子山姆 製作 露木重 彥 木下鳳華 日语 木下ほうか 東洋動畫 的資深導演 大杉滿 角野卓造 日语 角野卓造 東洋動畫 的老闆 石澤裕也 大野泰廣 日语 大野泰広 麻子製作 的製作領班 町 田 義一 鈴鹿央士 日语 鈴鹿央士 麻子製作 的製作領班
  • 修賢 李連杰 元彪 譚詠麟 呂良偉等的指定配音員 曾為已故日本演員大杉漣的常任配音員 現為日本演員內野聖陽 岸部一德 西村雅 彥 佐藤浩市 松重豐 緋 田 康人 日语 緋 田 康人 寺尾聰 草野仁 日语 草野仁 三上博史 台灣演員陳博正 韓國演員李基英 李順載 金甲洙 李文植 金相中 李在勇 吳光祿
  • 田 孫走 魚膾生羽翔 葛後干戈動 中微子孫昌 白龍游失水 窘急寄故城 黄鷄代人食 黑鼠喰牛腸 丹水流盡後 天命在三公 百王流畢竭 猿 犬 稱英雄 星流飛野外 鐘鼓喧國中 青丘與赤土 茫茫遂為空 這首預言詩預言日本天皇之位傳到第100代時將會滅亡 猿 犬
  • 京为他修建陵墓 中山陵1926年1月开始兴建 1929年春建成祭堂等主要建筑 当年6月1日孙中山入葬 陵墓全部工程至1931年才告完成 中山陵由吕 彦 直设计 整体平面呈警钟形 与孙中山 唤起民众 的政治遗嘱相契合 陵墓设计充分利用地势 将牌坊 陵门 碑亭 祭堂等主要建筑从低到高依次排列在紫金山南的
  • 於香港電影配音時期 經常為導演兼演員王晶和演员成奎安配音 現為日本演員六角精兒 日语 六角精児 國村隼 日语 國村隼 田 山涼成 日语 田 山涼成 笑福亭鶴瓶 小野武 彥 日语 小野武 彦 平泉成 角野卓造 日语 角野卓造 西 田 敏行 韓國演員崔政宇 鄭東煥 尹帝文 李原種 鄭原仲 朝鲜语 정원중 朴相勉 邊熙峰 高昌錫
  • ? 櫻花 1988年 福星小子 生氣吧 冰砂 櫻花 1989年 福星小子 對月亮吼叫 櫻花 御先祖樣萬萬歲 日语 御先祖様万々歳 四方田 多美子 福星小子 與山羊笑一個 櫻花 福星小子 捉住那顆心 櫻花 1991年 福星小子少女麻疹的恐怖 櫻花 福星小子與靈魂約會 櫻花 2010年
  • 親製給她的珊瑚手鍊贈與葵 拜託葵協助促成亂丸和銀次和解 信長 ノブナガ 聲 小西克幸 送行 犬 日语 送り 犬 折尾屋草創時期便在任的招牌 犬 暨宣傳部長 被折尾屋員工稱為 阿信前輩 原本是在現世居住的 犬 妖 被當時的亂丸發現撿回隱世飼養 喜歡吃葵製作的豆渣餅乾 連天神屋的大老闆都被他的魅力吸引
  • 定松剛 Q - TEC 音樂 - 齊藤恒芳 音響監督 - 百瀨慶一 音響效果 - 高野壽夫 佐藤秀國 音響製作 - Mediarte 協力製作人 牧 田 謙吾 濱 田 啓路 岩瀬智 彥 石田潤一郎 落合美香子 德間書店 国崎久德 松家雄一郎 清水博之 萬代影視 塩浦雅一 齊藤健治 NHK企業 動畫製作人 - 丸山正雄 吉本聰 MADHOUSE

用户还搜索了:

...
...
...