上一页

ⓘ 半藤一利




                                     

ⓘ 半藤一利

半藤一利 (1930年5月21日 - )是一名知名的日本作家、散文家,專長為寫作近現代特別是昭和時期的歷史。祖先來自長岡藩,出生於東京都墨田區。畢業於東京大學文學部國文科,其後與田中健五一同進入文藝春秋工作。

                                     

1. 親族

妻子是半藤末利子,舊姓松岡,為作家松岡讓與筆子(夏目漱石長女)夫妻的四女。妻子家族中有多人也有不少人執筆,如下所示:

  • 妻之外祖父:夏目漱石(小説家)
  • 妻之大舅父:夏目純一(小提琴家)
  • 妻之二舅父:夏目伸六(随筆家)
  • 妻:半藤末利子(随筆家)
  • 妻之外祖母:夏目鏡子(随筆家)
  • 岳父:松岡譲(小説家)
  • 大姨子:松岡陽子 麥克倫(文學研究者)
                                     

2.1. 著作 單著

  • 日本のいちばん長い日--運命の八月十五日(当初の名義は 大宅壯一編, 文藝春秋新社, 1965年/角川文庫, 1980年)
  • 決定版 日本のいちばん長い日(文藝春秋, 1995年/文春文庫, 2006年)
  • 改題ルンガ沖夜戦(PHP研究所, 2000年/PHP文庫, 2003年)
  • 人物・太平洋海戦(オリオン出版社, 1969年)
  • 魚雷戦第二水雷戦隊(R出版, 1970年/改題「ルンガ沖魚雷戦」 朝日ソノラマ[航空戦史文庫], 1984年)
  • 日本海軍を動かした人びと--勝海舟から山本五十六まで(力富書房[リキトミブックス], 1983年)
  • 改訂・改題 日本海軍の興亡 (PHP文庫, 1999年/PHP研究所, 2008年) 
  • 改題 日本海軍の栄光と挫折--列伝で読む組織の盛衰(PHP研究所, 1994年)
  • 増訂版 山本五十六(平凡社, 2007年/平凡社ライブラリー, 2011年)
  • 聖断--天皇と鈴木貫太郎(文藝春秋, 1985年/文春文庫, 1988年/PHP研究所, 2003年/PHP文庫, 2006年)
  • 山本五十六の無念(恒文社, 1986年)
  • 改題 指揮官と参謀 コンビの研究(文春文庫, 1992年)
  • 昭和史の転回点(図書出版社, 1987年/改題「ドキュメント太平洋戦争への道」 PHP文庫, 1999年)
  • コンビの研究--昭和史のなかの指揮官と参謀(文藝春秋, 1988年)
  • 大相撲こてんごてん(ベースボール・マガジン社, 1991年/文春文庫, 1994年)
  • 改題 大相撲人間おもしろ画鑑 (小学館文庫, 2008年)
  • 日本参謀論(図書出版社, 1989年)
  • 山縣有朋(PHP研究所「幕末・維新の群像 第9巻」, 1990年/PHP文庫, 1996年/ちくま文庫, 2009年)
  • 続 漱石先生ぞな、もし(文藝春秋, 1993年/文春文庫, 1996年)
  • 列伝・太平洋戦争(上・下、PHP文庫, 1995年)
  • 完本 列伝・太平洋戦争--戦場を駆けた男たちのドラマ(PHP研究所, 2000年)
  • 漱石先生ぞな、もし(文藝春秋, 1992年/文春文庫, 1996年)
  • 歴史探偵 昭和史をゆく(PHP研究所, 1992年/PHP文庫, 1995年)
  • 「真珠湾」の日(文藝春秋, 2001年/文春文庫, 2003年)
  • 昭和天皇ご自身による「天皇論」(五月書房, 2006年/講談社文庫, 2007年)
  • 坂口安吾と太平洋戦争(PHP研究所, 2009年/「安吾さんの太平洋戦争」 PHP文庫, 2013年)
  • 徹底分析川中島合戦(PHP研究所, 2000年/PHP文庫, 2002年)
  • 日露戦争史 3(平凡社, 2014年)
  • 手紙のなかの日本人(文春新書, 2000年)
  • 幕末史(新潮社, 2008年/新潮文庫, 2012年)
  • 日露戦争史 1(平凡社, 2012年)
  • 昭和史残日録 戦後篇 (ちくま文庫, 2007年)
  • 15歳の東京大空襲(筑摩書房[ちくまプリマー新書], 2010年)
  • 歴史探偵かんじん帳(毎日新聞社, 1996年)
  • ソ連が満洲に侵攻した夏(文藝春秋, 1999年/文春文庫, 2002年)
  • 漱石俳句を愉しむ(PHP研究所[PHP新書], 1997年)
  • この国のことば(平凡社, 2002年)
  • 隅田川の向う側 私の昭和史(創元社, 2009年/ちくま文庫, 2013年)
  • レイテ沖海戦(PHP研究所, 1999年/文春文庫, 2001年)
  • 清張さんと司馬さん--昭和の巨人を語る(日本放送出版協会, 2001年/文春文庫, 2005年)
  • 若い読者のための日本近代史 私が読んできた本(PHP文庫, 2014年)
  • 漱石俳句探偵帖(角川書店[角川選書], 1999年/文春文庫, 2011年)
  • 荷風さんと「昭和」を歩く(プレジデント社, 1995年/「永井荷風の昭和」 文春文庫, 2000年/「荷風さんの昭和」 ちくま文庫, 2012年)
  • それからの海舟(筑摩書房, 2003年/ちくま文庫, 2008年)
  • 昭和・戦争・失敗の本質 (新講社, 2009年)。「昭和と日本人 失敗の本質」 (同選書版, 2011年)
  • 漱石先生お久しぶりです(平凡社, 2003年/文春文庫, 2007年)
  • 幕末辰五郎伝(日本放送出版協会, 1997年/ちくま文庫, 2001年)
  • 恋の手紙 愛の手紙(文春新書, 2006年)
  • 歴史をあるく、文学をゆく(平凡社, 2001年/文春文庫, 2004年)
  • 名言で楽しむ日本史(平凡社ライブラリー, 2010年)
  • ノモンハンの夏(文藝春秋, 1998年/文春文庫, 2001年)
  • ぶらり日本史散策(文藝春秋, 2010年/文春文庫, 2012年)
  • 歴史探偵の愉しみ(PHP研究所, 1996年/「歴史探偵 近代史をゆく」 PHP文庫, 2013年)
  • 漱石先生がやって来た(日本放送出版協会, 1996年/学陽書房[人物文庫], 2000年)
  • 昭和史 戦後編 1945-1989(平凡社, 2006年/平凡社ライブラリー, 2009年)
  • 昭和史探索 1926-46(全6巻、ちくま文庫, 2006-07年)
  • 聯合艦隊司令長官 山本五十六(文藝春秋, 2011年/文春文庫, 2014年)
  • 日本国憲法の二〇〇日(プレジデント社, 2003年/文春文庫, 2008年)
  • 風の名前 風の四季(平凡社新書, 2001年)
  • 一茶俳句と遊ぶ(PHP研究所[PHP新書], 1999年)
  • 荷風さんの戦後(筑摩書房, 2006年/ちくま文庫, 2009年)
  • 昭和史 1926-1945(平凡社, 2004年/平凡社ライブラリー, 2009年)
  • 世界はまわり舞台(創元社, 2010年)
  • 戦士の遺書--太平洋戦争に散った勇者たちの叫び(文春ネスコ, 1995年/文春文庫, 1997年)
  • 戦う石橋湛山--昭和史に異彩を放つ屈伏なき言論(東洋経済新報社, 1995年、新装版2001年、2008年/中公文庫, 1999年)
  • 墨子よみがえる(平凡社新書, 2011年)
  • 昭和史をどう生きたか(東京書籍, 2014年)
  • あの戦争と日本人(文藝春秋, 2011年/文春文庫, 2013年)
  • 漱石先生大いに笑う(講談社, 1996年/ちくま文庫, 2000年)
  • 其角俳句と江戸の春(平凡社, 2006年)
  • 漱石・明治・日本の青春(新講社, 2010年)。(同選書判, 2011年)
  • 昭和史残日録 1926-45(ちくま文庫, 2007年)
  • 日露戦争史 2(平凡社, 2013年)
  • 遠い島ガダルカナル(PHP研究所, 2003年/PHP文庫, 2005年)
                                     

2.2. 著作 共著

  • (吉田俊雄)全軍突撃-レイテ沖海戦(オリオン出版社, 1970年)
  • 改題レイテ沖海戦(上・下、朝日ソノラマ〈航空戦史文庫〉, 1984年)
  • (湯川豊)改題原爆が落とされた日(PHP文庫, 1994年)
  • (戦史研究会編)原爆の落ちた日(文藝春秋, 1972年/改題「原爆投下前夜」 角川文庫, 1985年)
  • (保阪正康・竹内修司)占領下日本(筑摩書房,2009年/ちくま文庫(上下), 2012年)
  • (秦郁彦・前間孝則)零戦と戦艦大和(文春新書,2008年)
  • (阿川弘之)日本海軍、錨揚ゲ!(PHP研究所, 2003年/PHP文庫, 2005年)
  • (鴨下信一・磯田道史)司馬遼太郎 リーダーの条件(文春新書, 2009年)
  • (井上亮)いま戦争と平和を語る(日本経済新聞出版社, 2010年)
  • (童門冬二・松岡正剛ほか)勝者の決断-指揮官と参謀の戦略思考(ダイヤモンド社, 2006年)
  • (竹内修司・保阪正康。松本健一)戦後日本の「独立」(筑摩書房, 2013年)
  • (秦郁彦・原剛・松本健一・戸高一成)徹底検証 日清・日露戦争(文春新書, 2011年)
  • (横山恵一・秦郁彦・原剛)歴代陸軍大将全覧 昭和篇 太平洋戦争期(中公新書ラクレ, 2010年)
  • (加藤陽子)昭和史裁判(文藝春秋, 2011年/文春文庫, 2014年)
  • (保阪正康・井上亮)「東京裁判」を読む(日本経済新聞出版社, 2009年/日経ビジネス人文庫, 2012年)
  • (秦郁彦・保阪正康)「BC級裁判」を読む(日本経済新聞出版社, 2010年)
  • (荒川博・イラスト谷井建三)風・船のじてん(蒼洋社, 1987年)
  • (澤地久枝・戸高一成)日本海軍はなぜ過ったか 海軍反省会四〇〇時間の証言より(岩波書店, 2011年)
  • (保阪正康・立花隆・田城明)体験から歴史へ 〈昭和〉の教訓を未来への指針に(講談社, 2013年)
  • (保阪正康)そして、メディアは日本を戦争に導いた(東洋経済新報社, 2013年)
  • (横山恵一・秦郁彦・原剛)歴代陸軍大将全覧 大正編(中公新書ラクレ, 2009年)
  • (秦郁彦・横山恵一・戸高一成)歴代海軍大将全覧(中公新書ラクレ, 2005年)
  • (戸高一成)日本海海戦かく勝てり(PHP研究所, 2004年、PHP文庫, 2012年)
  • (江坂彰)撤退戦の研究--日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか(光文社, 2000年/光文社知恵の森文庫, 2006年)
  • (秦郁彦・戸高一成)連合艦隊・戦艦12隻を探偵する(PHP研究所, 2011年)
  • (保阪正康・中西輝政・戸高一成・福田和也・加藤陽子)あの戦争になぜ負けたのか(文春新書, 2006年)
  • (保阪正康)「戦後」を点検する(講談社現代新書, 2010年)
  • (井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子)憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言(岩波書店[岩波ブックレット],2005年)、ISBN 4000093576
  • (安野光雅・中村愿)史記と日本人)(平凡社, 2011年)
  • (磯田道史)勝ち上がりの条件 軍師・参謀の作法(ポプラ社〈ポプラ新書〉, 2014年)
  • (御厨貴・原武史)卜部日記・富田メモで読む人間・昭和天皇(朝日新聞出版,2008年)
  • (横山恵一・秦郁彦・原剛)歴代陸軍大将全覧 昭和篇 満州事変・支那事変期(中公新書ラクレ, 2010年)
  • (横山恵一・秦郁彦・原剛)歴代陸軍大将全覧 明治編(中公新書ラクレ, 2009年)
  • (藤原正彦ほか)父が子に教える昭和史―あの戦争36のなぜ?(文春新書, 2009年)
  • (金子兜太)今、日本人に知ってもらいたいこと(ベストセラーズ, 2011年)
  • (安野光雅)三国志談義(平凡社, 2009年)
  • (秦郁彦・横山恵一)太平洋戦争-日本海軍戦場の教訓(PHP研究所, 2001年/PHP文庫, 2003年)
  • (保阪正康・松本健一・原武史・冨森叡児)昭和-戦争と天皇と三島由紀夫(朝日新聞社, 2005年/朝日文庫, 2008年)
  • (吉岡忍ほか)司馬遼太郎がゆく「知の巨人」が示した「良き日本」への道標(プレジデント社, 2001年)
  • (戸高一成)愛国者の条件(ダイヤモンド社, 2006年/「日本人と愛国心 昭和史が語るもの」 PHP文庫, 2014年)
  • (保阪正康)昭和の名将と愚将(文春新書,2008年)
  • (保阪正康)「昭和」を点検する(講談社現代新書,2008年)
  • (宮崎駿)腰ぬけ愛国談義(文藝春秋〈文春ジブリ文庫〉, 2013年)
  • (平間洋一・戸部良一ほか)昭和陸海軍の失敗-彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書,2007年)
  • (山根基世ほか)いま、子どもが危ない!-子どもを救う「言葉の力」(五月書房,2007年)
  • (荒川博)風の名前 風の四季(平凡社新書, 2001年)
  • (保阪正康)総点検・日本海軍と昭和史(毎日新聞社, 2014年)


                                     

2.3. 著作 編著

  • 夏目漱石青春の旅(ビジュアル版文春文庫, 1994年)
  • 「昭和」を振り回した男たち(東洋経済新報社, 1996年)
  • 昭和を振り回した6人の男たちに改題 (小学館文庫, 2003年)
  • 昭和史の家(写真垂見健吾、文藝春秋, 1989年)-解説担当
  • 太平洋戦争 日本軍艦戦記(ビジュアル版文春文庫, 1985年/文春文庫plus, 2005年)
  • 私の昭和の戦争(アスコム, 2007年)
  • 日米開戦と真珠湾攻撃秘話(秦郁彦・横山恵一共編/中公文庫, 2013年)
  • 日本史が楽しい--歴史探偵団がゆく(文藝春秋, 1997年/文春文庫, 2000年)-座談集
  • 栗林忠道 硫黄島からの手紙(文藝春秋, 2006年/文春文庫, 2009年)
  • 日本史はこんなに面白い(文藝春秋, 2008年/文春文庫, 2010年) - 対談集
  • 大宅壮一昭和の企業(編・解説、ちくま文庫, 2000年)
  • 敗戦国ニッポンの記録-米国国立公文書館所蔵写真集(上・下、アーカイブス出版, 2007年)
  • 昭和史が面白い-- 歴史探偵団がゆく(文藝春秋, 1997年/文春文庫, 2000年)-座談集
  • 知識ゼロからの太平洋戦争入門(幻冬舎, 2009年)、監修
  • 21世紀への伝言--名言にみる「日本と世界」の100年(文藝春秋, 2000年)
  • 日本のいちばん長い夏(文春新書, 2007年) - 座談の司会
                                     

2.4. 著作 音声

  • 半藤一利「完全版昭和史」(日本音声保存 CD15枚組、2009年)
  • 半藤一利「完全版幕末史」(日本音声保存 CD15枚組、2010年)
  • 完全版昭和史 戦後篇(日本音声保存 CD6枚組+テキスト、2006年)
  • 完全版昭和史(日本音声保存 CD6枚組+テキスト、2005年)
                                     
  • 藤 林 保豐 平假名 ふじばやし やすとよ 本名有說正保 保豊 俗稱 藤 林長門守 ふじばやし ながとのかみ 伊賀上忍三家之一的 藤 林氏當主 藤 林氏與服部氏之服部 半 藏 百地氏之百地丹波並稱伊賀上忍三家 藤 林氏有說原是服部家 逐漸開始獨立 最後形成支流的籐林家 居住於伊賀北部與甲賀邊境相接的湯舟鄉
  • 近 藤 真彦 1964年7月19日 日本歌壇80年代紅透 半 天邊的頭號人氣男偶像 出生於日本神奈川縣橫濱市 是藝人經紀公司 傑尼斯事務所 所屬的歌手暨演員 目前亦擔任該公司的董事 並以個人名義發展賽車事業 身兼車隊董事 教練與車手資格 另外有個別稱 マッチ Matchy 火柴
  • 足 利 義昭 1537年12月5日 1597年10月9日 是日本足 利 幕府末代將軍 足 利 義昭為前任將軍足 利 義輝之弟 年輕時曾遁入空門 法號覺慶 足 利 義輝被叛臣弒殺後 被细川 藤 孝等擁立為將軍而還俗 改名義秋 後改名義昭 足 利 義昭曾經流落於南近江的六角義賢 若狹的武田義統與越前的朝倉義景等大名處苦苦哀求幫助
  • 在歸屬日本經紀公司AMUSE 2011年起 藤 岡靛出生於日本福島縣 成長於千葉縣 他有花粉症 曾認為自己不適合住在日本 加上嚮往IT產業 促使他高中畢業後前往美國西雅圖留學 主修IT 但因家人不支持 故幾乎皆以半工半讀的方式完成學業 美國發生九 一 一 事件後 外國人取得簽證困難 求職不易 他無法繼續
  • 小花回直樹老家的劇情為連續劇原創 半 澤將資料放置在家 而小花擅自將資料寄回娘家的劇情為連續劇原創 田宮電機將3000萬元轉借給LaFite ラフィット 原作的公司名為La Fayette ラファイエット 另外 原作中近 藤 與La Fayette社長對話的場景 並沒有在連續劇中出現 半 澤在董事會要求大和田下跪的場景為連續劇原創
  • 一 色義定 生年不詳 1582年9月24日 是日本戰國時代武將 父親是 一 色氏當主 一 色義道 剛勇優秀 與父親義道 一 同擊退在織田信長配下侵攻丹後的長岡 藤 孝 細川 藤 孝 天正7年 1579年 在義道自殺後 繼承 一 色家的家督 率領弓木城的殘兵抵抗織田方 後來因為信長的意向 於是 藤
  • 利 利 亚纳 纳西尔出局 而男雙方面 他與遠 藤 大由以4號種子身分出戰男子雙打項目 他們首圈輪空 第二 三圈先後以2比0力克英格蘭和馬來西亞組合晉級 但至 半 準決賽 他們就以0比2 13 - 21 20 - 22 不敵8號種子 中國的蔡赟 傅海峰 8強止步 2017年2月 早川賢 一
  • 但是 我關於朋友的記憶 一 週後就會消失呢 女主角 藤 宮香織所述的事實 即便如此 男主角長谷祐樹 還是想和香織成為朋友 一 週的記憶開始又結束 兩個人不斷成為朋友 不一樣的生活就此開始 故事描述 一 位高中二年級女主角香織因為 一 場車禍 讓她對於周遭朋友的記憶 只能維持短短 一
  • 利 英语 Giovanni Vincenzo Pinelli 种加词意为 三出的 三数的 指的是 半 夏三出的复叶 半 夏最早由卡尔 彼得 通贝里于1784年描述 最初分类于天南星科疆南星属 并命名为Arum ternatum 1901年由牧野富太郎改为现名 中文正式名 半 夏 的来源争议较大 这 一
  • 進 藤 尚美 1972年11月9日 是 一 名日本女性聲優 京都府出身 特技為京都腔 身高155cm 血型為O型 代表作是 機動戰士高達SEED 卡嘉莉 尤拉 阿斯哈 在 舞 - HiME 中飾演 藤 乃靜留 還有 GEAR戰士電童 激闘 クラッシュギアTURBO 鼻毛真拳 等等

用户还搜索了:

...
...
...