上一页

ⓘ 吉見俊哉




                                     

ⓘ 吉見俊哉

English version: Shunya Yoshimi

吉見 俊哉 (1957年4月22日 - )是一名日本的社會學家,目前擔任東京大学情報学研究生院(日文:東京大学大学院情報学環)教授、東京大学副校長。研究方向是都市論、文化社会学(文化研究)。

                                     

1. 人物・來歷

出生於東京都,1976年畢業於東京教育大学附屬高等学校(現・筑波大学附属高等学校),隨即進入 東京大学教養学部 ,畢業於教養学科相關社会科学分科,隨後進入同大学大学院社会学研究科就讀。之後擔任東京大学新聞研究所助手、助教授、 東京大学社会情報研究所 教授。2004年,由於院系合并,開始擔任現職。2006-2008年擔任学環長。2009年6月起,開始擔任東京大学新聞社理事長。

大學時代曾屬於「劇団綺畸」,曾與 如月小春 一起演出話劇。

                                     

1.1. 人物・來歷 學歷

  • 1976年 東京教育大学 附属高等学校(現:筑波大学附属高等学校)畢業
  • 1987年 获得東京大学研究生院社会学研究科社会学专业博士学位
  • 1981年 畢業于東京大学教養学部教養学科相関社会科学专业
                                     

1.2. 人物・來歷 職歴

  • 1990年 東京大学新聞研究所助教授
  • 2000年 東京大学社会情報研究所教授
  • 1992年 東京大学社会情報研究所助教授(由於人事變動,研究所更名)
  • 2009年6月 財団法人 東京大学新聞社 理事長
  • 1999年 澳大利亞・西悉尼大学客座研究員(1999年3月 - 5月)
  • 2010年 東京大学教育計劃室室長、東京大学総合教育研究中心主任、東京大学史料舘館長
  • 2006年 東京大学情報学研究生院情報学環 学環長(- 2008年3月)
  • 1998年 法國社会科学高等研究院客座研究員(1998年4月 - 5月)
  • 1987年 東京大学新聞研究所助手
  • 2004年 東京大学情報学研究生院教授(由於院系合并,學院更名)
  • 1993年9月 墨西哥學院(西班牙語:El Colegio de México)客座教授( - 1994年3月)
  • 2011年 東京大学副校長、文部科学省日本聯合國教科文組織國內委員會委員
                                     

2.1. 著作 單著

  • 改題『万博と戦後日本』、講談社学術文庫、2011年
  • 『博覧会の政治学――まなざしの近代』( 中公新書 、1992年、 講談社学術文庫 、2010年)
  • 『「声」の資本主義――電話・ラジオ・蓄音機の社会史』(講談社、1995年)のち河出文庫
  • 『万博幻想――戦後政治の呪縛』( ちくま新書 、2005年)
  • 『カルチュラル・スタディーズ』(岩波書店、2000年)
  • 『リアリティ・トランジット――情報消費社会の現在』(紀伊國屋書店、1996年)
  • 『メディア文化論――メディアを学ぶ人のための15話』(有斐閣、2004年)
  • 『メディア時代の文化社会学』( 新曜社 、1994年)
  • 『都市のドラマトゥルギー――東京・盛り場の社会史』( 弘文堂 、1987年/河出書房新社、2008年)
  • 『カルチュラル・ターン、文化の政治学へ』( 人文書院 、2003年)
  • 『情報文化の学校――ネットワーク社会のルール・ロール・ツール』(NTT出版、1998年)
  • 『ネット時代のコペルニクス-知識とは何か』(光村図書 国語3 2012年)
  • 『親米と反米――戦後日本の政治的無意識』( 岩波新書 、2007年)
  • 『夢の原子力 Atoms for Dream』(ちくま新書、2012年)
  • 『アメリカの越え方 和子・俊輔・良行の抵抗と越境』(現代社会学ライブラリー・弘文堂、2012年)
  • 『シリーズ日本近現代史(9)ポスト戦後社会』(岩波新書、2009年)
  • 『大学とは何か』(岩波新書、2011年)
                                     

2.2. 著作 共著

  • 『311情報学――メディアは何をどう伝えたか 叢書 震災と社会』 高野明彦,三浦伸也共著、岩波書店、2012年
  • ( 若林幹夫 ・水越伸)『メディアとしての電話』( 弘文堂 、1992年)
  • ( 大澤真幸 ・小森陽一・田嶋淳子・山中速人)『メディア空間の変容と多文化社会』( 青弓社 、1999年)
  • (苅宿俊文・ 佐伯胖 ・ 佐藤学 )『コンピュータのある教室 - 創造的メディアと授業』(岩波書店、1996年)
  • (水越伸)『メディア論』( 放送大学教育振興会 、1997年)
  • (姜尚中)『グローバル化の遠近法 - 新しい公共空間を求めて』(岩波書店、2001年)
  • 『3・11に問われて――ひとびとの経験をめぐる考察』 栗原彬, テッサ・モーリス=スズキ, 苅谷剛彦, 杉田敦,葉上太郎共著、岩波書店、2012年
  • ( 白幡洋三郎 ・平田宗史・木村吉次・ 入江克己 ・紙透雅子)『運動会と日本近代』(青弓社、1999年)
                                     

2.3. 著作 編著

  • 『1930年代のメディアと身体』(青弓社、2002年)
  • 『戦争の表象――東京大学情報学環所蔵第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスターコレクション』(東京大学出版会、2006年)
  • 『都市の空間 都市の身体』( 勁草書房 、1996年)
  • 『メディア・スタディーズ』( せりか書房 、2000年)
  • 『カルチュラル・スタディーズ』(講談社、2001年)
                                     

2.4. 著作 共編著

  • (石川徹也・ 根本彰 )『つながる図書館・博物館・文書館――デジタル化時代の知の基盤づくりへ』(東京大学出版会、2011年)
  • ( 花田達朗, コリン・スパークス)『カルチュラル・スタディーズとの対話』(新曜社、1999年)
  • ( 土屋礼子 )『叢書現代のメディアとジャーナリズム(4)大衆文化とメディア』(ミネルヴァ書房、2010年)
  • ( 北田暁大 )『路上のエスノグラフィ――ちんどん屋からグラフィティまで』(せりか書房、2007年)
  • (佐藤健二)『文化の社会学』(有斐閣、2007年)
  • (栗原彬・小森陽一・佐藤学)『越境する知 1 - 6』(東京大学出版会、2000年-2001年)
  • ( 井上俊 ・上野千鶴子・大澤真幸・ 見田宗介 )『岩波講座現代社会学(全27巻)』(岩波書店、1995年-1997年)
  • ( 町村敬志 )『市民参加型社会とは――愛知万博計画過程と公共圏の再創造』(有斐閣、2005年)
  • (水越伸)『メディア・プラクティス - 媒体を創って世界を変える』(せりか書房、2003年)
  • (北川高嗣・ 須藤修 ・ 西垣通 ・ 浜田純一 ・ 米本昌平 )『情報学事典』(弘文堂、2002年)
  • ( 成田龍一 )『20世紀日本の思想』(作品社、2002年)
  • ( 青木保 ・姜尚中・ 小杉泰 ・ 坂元ひろ子 ・ 莫邦富 ・山室信一・四方田犬彦)『アジア新世紀(全8巻)』(岩波書店、2002年-2003年)
  • ( 長尾真 ・遠藤薫)『書物と映像の未来――グーグル化する世界の知の課題とは』(岩波書店、2010年)
  • ( 栗原彬 ・ 杉山光信 )『記録・天皇の死』(筑摩書房、1992年)
  • (テッサ・モーリス=スズキ)『グローバリゼーションの文化政治』(平凡社、2004年)
  • ( 木下直之 )『ニュースの誕生――かわら版と新聞錦絵の情報世界』(東京大学出版会、1999年)
  • (見田宗介・上野千鶴子・ 内田隆三 ・ 佐藤健二 ・大澤真幸)『社会学文献事典』(弘文堂、1998年)
  • (花田達朗)『社会情報学ハンドブック』(東京大学出版会、2004年)
  • 『占領する眼・占領する声: CIE/USIS映画とVOAラジオ』土屋由香共編(東京大学出版会、2012年)
  • 『岩波映画の1億フレーム 記録映画アーカイブ』 丹羽美之 共編(東京大学出版会、2012年)
  • (若林幹夫)『東京スタディーズ』(紀伊國屋書店、2005年)
  • (嶋田厚・ 柏木博 )『情報社会の文化 3 デザイン・テクノロジー市場』(東京大学出版会、1998年)


                                     

2.5. 著作 翻譯書籍

  • ロジャー・シルバーストーン『なぜメディア研究か - 経験・テクスト・他者』(せりか書房、2003年)
  • キャロリン・マーヴィン『古いメディアが新しかった時 - 19世紀末社会と電気テクノロジー』(新曜社、2003年)
  • クロード・S・フィッシャー『電話するアメリカ - テレフォンネットワークの社会史』(NTT出版、2000年)
                                     
  • 千駄木廉太郎 43 八嶋智人 日语 八嶋智人 4年1組班導師 單身 港草介 23 間宮祥太朗 2年2組班導師 單身 本郷潤 吉 44 山內圭 哉 日语 山内圭 哉 3年1組班導師 已婚 秋川莉莉 22 小芝風花 學校護士 單身 神田和夫 27 田野倉雄太 5年1組班導師 新婚 羽村舞 舞羽美海
  • 東龍太 内閣官房長官 柄本明 志村祐介 内閣官房副長官秘書官 高良健吾 森文 哉 厚生勞動省醫政局研究開發振興課課長 津田寬治 安田龍彥 文部科學省研究振興局基礎研究振興課課長 高橋一生 尾頭弘美 環境省自然環境局野生生物課課長輔佐 志村的學姊 市川實日子 里 見 祐介 農林水產大臣 後接任總理大臣 平泉成 柳原邦彥 國土交通大臣 矢島健一
  • 白石拓海 38 - 萩原聖人 香港配音 雷霆 前田光 24 - 倉科佳奈 香港配音 成瑤孆 丸山瑠美 22 - 加賀美聖良 香港配音 余欣沛 木崎 俊哉 34 - 中村龍 香港配音 伍博民 山本正 - 平岡祐太 香港配音 周良鴻 半澤桃子 20 - 剛力彩芽 香港配音 陳皓宜 武居大介 30
  • 小室哲 哉 日语 小室 哲 哉 こむろ てつや Komuro Tetsuya  1958年11月27日 是日本的音樂製作人 作詞家 作曲家 鍵盤手 他是日本樂團globe的創立人 在日本有當教授教音樂 他將電子舞曲發展為1990年代中期日本流行音樂主流 特人人稱為 小室狂熱 的社會現象 也擔任很
  • 關 俊 彥 1962年06月11日 是出身於日本宮城縣的男性聲優 81 Produce所屬 駒澤大學經濟學院畢業 妻子是前聲優小林輝世子 有兩個女兒 1991年與山寺宏一 日高法子組成聲優團體バナナフリッターズ Banana Fritters 不僅出專輯還有各類演出 進行廣播 CD 舞臺等的
  • 山根幸宏 副所長 利重剛 日语 利重剛 新藤裕 見 子 四季的叔母 藤 吉 久美子 日语 藤 吉 久美子 新藤清二 四季的叔父 所長 冨家規政 日语 冨家規政 弓永富彦 職能治療師 小須田康人 日语 小須田康人 島田文子 主任程式設計師 山田真歩 日语 山田真歩 望月 俊 樹 監視員 柳憂憐 日语 柳憂怜
  • 見 中華台北 至今兩岸對於主權仍有爭議 請參見海峽兩岸關係 日本 總教練 小島啓民 教練團 善波達也 中島彰一 堀井哲也 選手 投 手 新垣勇人 秋 吉 亮 吉 永健太朗 片山純一 大瀨良大地 大城基志 濱野雅慎 吉田一将 捕 手 石川修平 中野滋樹 二葉祐貴 內野手 山本真也 岩本康平 井上晴 哉
  • 寧寧 仲間由紀惠 豐臣秀 吉 市川龜治郎 織田信長 村上弘明 前田利家 原田泰造 豐臣秀長 福士誠治 明智光秀 西村和彥 石田三成 中村 俊 介 淺井長政 田中實 朝日姬 田畑智子 智 橫山惠 彌彌 星野真里 小督 前田里櫻 高橋薰 阿初 小林涼子 花 守田菜生 摩阿姬 坂口梓 三好 吉 房 吉見 一豐 副田甚兵衛 蟹江一平
  • 田崎學 - 堀部圭亮 粵語配音 馮錦堂 西村直樹 - 井坂 俊哉 粵語配音 劉奕希 橋本亮 - 永江祐貴 粵語配音 鄧志堅 坂田三枝子 - 室井滋 粵語配音 林丹鳳 須藤洋介 - 杉本哲太 粵語配音 招世亮 刑事課課長 大田浩二 - 風 見 慎吾 粵語配音 劉昭文 副署長 前川誠一 - 橋爪功 粵語配音 陳曙光

用户还搜索了:

...
...
...