上一页

ⓘ 北村稔




                                     

ⓘ 北村稔

北村稔 (1948年 - )是一名日本歷史學家。立命館大学名譽教授、日本「南京」学会會員、國家基本問題研究所客員研究員。中国近現代史専攻。法学博士。

京都府出身。京都大学文学部史学科(現代史専攻)畢業。京都大学大学院博士課程中途退学。曾任三重大学助教授、立命館大学文学部教授。

                                     

1.1. 著作一覧 研究

 【單行本】

  • 『第一次国共合作の研究 現代中国を形成した二大勢力の出現』岩波書店 1998年

 【論文】

  • 「第一次国共合作時期の広東省農民運動 」(『史林』586, pp.889-927, 1975年11月)
  • 「中華民国国民政府とナチス・ドイツの不思議な関係」(『立命館文學』第608号松本英紀教授退職記念論集,pp.277-288, 2008年12月)
  • 「「南京大虐殺」を再検討する 」『立命館文學』 567, pp.439-448, 2001年2月
  • 「第一次国共合作の成立について 」『史林』633, pp,435-470, 1980年5月。
  • 「中国社会主義革命の悲劇」序説1,『立命館文學』 573, pp.565-579, 2002年2月
  • 「『第1次国共合作の研究--現代中国を形成した2大勢力の出現』への石川禎浩氏の批判に答える」『史林』第82巻5号, pp.807-815, 1999年9月。
  • 「第一次国共合作の展開について」『史林』664, pp.516-555, 1983年7月。
  • 「文化大革命再考」序説(『立命館文學』第615号 岡田英樹教授退職記念論集,pp.644-631, 2010年3月)
  • 「毛沢東VS劉少奇そして鄧小平: 1966年8月の北京の暑い夏」『立命館文學』第619号 本田治教授退職記念論集, pp.598-612, 2010年12月)
  • 「広東国民政府における政治抗争と蒋介石の抬領」『史林』 686, pp.927-965, 1985年11月。
  • 「日中戦争が生み出した中華人民共和国」『比較法史研究』 12, 特集 戦争装置としての国家, pp.301-320, 2004年3月。

 【共著】

  • 立命館大学大学院文学研究科人文学専攻綜合人文学専修教員および博士課程院生, 研究代表者 北村稔『戦いと弔いに関する比較文化史的研究: 2007・2008年度学内提案公募型研究推進プログラム基盤的研究 』2009年3月

 【書評】

  • 「黄仁宇『従大歴史的角度読蒋介石日記』『従大歴史的角度読蒋介石日記』 」『東方』 183, pp.35-37, 1996年6月
  • 「M.Henri Day「毛沢東一九一七年~一九二七年文件」Mao Zedong 1917-1927 Documents 」『アジアクォータリー』102, pp.104-111, 1978年4月。
  • 「栃木利夫・坂野良吉『中国国民革命--戦間期東アジアの地殻変動』法政大学出版局,1997年 」『近きに在りて』 33, pp.118-120.68, 1998年5月。
  • 「Edward J.M.Rhoads;China′s Republican Revolution--The Case of Kwangtung,1895-1913.1975」『史林』 602, pp.292-298, 1977年3月。
  • 「藤井昇三・横山宏章編『孫文と毛沢東の遺産』 」『アジア研究』393, pp.127-134, 1993年6月。
  • 「「野沢豊・田中正俊等編「講座中国近現代史第五巻中国革命の展開」 」『東洋史研究』382, pp.272-279, 1979年9月
  • 「John K. Fairbank and Albert Feuerwerker ed. The Cambridge History of China, volume 13 Republican China 1912-1949, Part 2」『東洋史研究』473, pp.559-570, 1988年12月。
  • 「新刊紹介 『ワイマール共和国の情報戦争: フランス情報資料を用いたドイツ革命とドイツ外交の分析』」(『立命館文學』第638号, pp.39-42, 2014年7月)

 【エッセイ】

  • 「中国近現代史の探索: 楽しくて苦しい楽苦しい」(『立命館東洋史學』第36号, pp.1-25, 2013年)
  • 「台湾雑記」『立命館言語文化研究』35, 67-77, 1992年3月。

 【訳書】

  • スチュア-ト・R・シュラム『毛沢東の思想: ~一九四九年 一九四九~七六年 』蒼蒼社 1989年12月。
  • 陳志讓著北村稔訳『軍紳政権 軍閥支配下の中国』岩波書店 1984年
  • 北村稔, 阿羅健一「捏造された南京事件」『正論』 354, pp.224-234, 2002年2月。
  • 李昌平『中国農村崩壊:農民が田を捨てるとき』NHK出版2004年6月ISBN 4-14-080881-0
  • 黃仁宇著(北村稔, 永井英美,細井和彦訳)『蒋介石―マクロヒストリー史観から読む蒋介石日記』東方書店 1997年
  • 北村稔, 櫻井よしこ「「南京虐殺」の虚構--「虐殺」を世界で初めて報じた英字紙記者ティンパーリーは、国民党の宣伝工作員だった! 発掘!! 「新史料」が証あかす) 」『諸君』341, pp.26-37, 2002年1月
  • 解放軍報特約評論員 「総力特集 ヒビ割れ始めた「歴史の鑑かがみ」 新史料発掘 あの戦争の仕掛人は誰だったのか!?--白熱の激論 七時間」 『諸君』386, pp.24-100, 2006年6月)
  • 北村稔, 櫻井よしこ「責任転嫁はいい加減にしろ 中国人を不幸にしたのは「日中戦争」ではなく「共産主義」」 『諸君』3712, 総力特集 傲慢なり、朝日・中国 -- vs.中国共産党「内政干渉」, pp.66-81, 2005年12月)